妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/11 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末はやっぱり乱歩

2008年もあと少し。
例年に洩れず やたらと乱歩作品を欲している年末。また乱歩漬けの私です。
何でこの時期になると読みたくなるんだろ。

今年はじわじわと乱歩の波がざわめいてた年でしたね。
岩波文庫からも乱歩短篇集が出たし、映画 『 K-20 』 も公開中だし ・・・
(しかし何で今映画化なんでしょ?北村想氏の原作って20年くらい前ですよね )
別冊宝島の 『 僕たちの好きな怪人二十面相 』 は1冊がっつり二十面相!
僕たちの好きな怪人二十面相 [別冊宝島] (別冊宝島 1587)
4796667571

「 二十面相と江戸川乱歩の正体を巡る7つのキーワード 」 って
“ 乱歩の正体 ” まで探っちゃいますか (笑)
映画に乗っかった企画本なんだろなぁと思いつつ興味津々。
買うかどうかは書店で中をチラ見してからってことでペンディング。

さて 今夜堪能した乱歩作品は二十面相ものではなく、
乱歩最高傑作といわれる 『 押絵と旅する男 』
この作品の好きポイントは お七に魅せられた兄と共に在り続ける “ 弟 ”
弟くんの尽きせぬ “ 兄思い ” っぷりが堪らぬ魅力です v

江戸川乱歩短篇集 (岩波文庫)
千葉 俊二
4003118111

乱歩の世界の取っ掛かりに最適なチョイスが成された短篇集だと♪
『 二銭銅貨 』 に始まって全12篇収録。

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/591-8bd7ff95


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。