妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神曲 <地獄篇>

神曲 地獄篇 (河出文庫) (河出文庫)
平川 祐弘
4309463118


クリスマスの今日にこの作品ってのは合ってるんだか捻くれた選択なんだか(笑)
“ 地獄篇 ” ってのは ちょっとアレかな(汗)
でも私まだ地獄篇しか読んだことないんです。煉獄篇と天国篇は何となく未読のまま ・・・
河出文庫版の煉獄篇が1月に出るので読んでみようかな。

イタリア文学最大の古典 難解な作品 とも言われる 『 神曲 』 ですが
正しい読み解き方 とか 真摯な受け止め方 はひとまず置いといて (ごめんなさい)
なんとなく むふv としてしまう素敵っぷりを堪能してみました。

地獄篇は文字通り ダンテの地獄めぐりが描かれています。
中世キリスト教の世界観における 神への正しい対し方 に背いた人々が
永遠に閉じ込められる地獄界。
地獄の入り口(辺境)ではホメロスやオウィディウスなどダンテの尊敬する詩聖たちと出逢い、
底へと進む道中にも、歴史上の人物たちやダンテの知人らが責め苦に苛まれる姿を見かける。
(マホメっトもいたりする。当然ながら “ダンテの想う宗教観” で形成されている作品ですから)
そして地獄篇の最後は 魔王ルシフェルの身体を伝って地球の反対側へ降り立つのです。

これらの旅を、ダンテはウェルギリウスという偉大なる詩人の先導で進むのですが
この2人を見てるのが なかなか楽しいのですよ。
ローマ時代の偉大なる詩人であるウェルギリウス。ダンテは彼を尊敬しています。
「 ウェルギリウス先生 」 と呼び、子が親に縋るように必死についていきます。
ウェルギリウスも 父性とも母性とも思える愛情をもってダンテを導きます。
実際にダンテをひょいと抱きかかえて進むこともしばしばです。
こう言っちゃ何ですが この2人微笑ましいです。イイ感じです。

もの凄い邪道読みです。解っちゃいるけど2人の出逢いからして擽られるものがあるんですもの。
妙な角度からでも古典に触れるキッカケになるなら それもヨシってことで ・・・ どうでしょう?

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/590-d6807f5a


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。