妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

采配のゆくえ

采配のゆくえ
B001DLUR08

自分焦らしプレイも限界。とうとう采配終わってしまいました。
いやぁ~面白うございましたv
ゲームをし終わった というよりも 「 ええもん観た 読んだv 」 という気分。
小説版とか出されたら きっと買うぞ私。

なんしか よく泣きました。
4話まで進んだ頃には ぼろぼろ泣きながらプレイしてましたよ。
あのみったんが 皆の想いをひとつ に采配振ってるよ!なんて皮肉なIF(涙)

みったんまで結局史実どおりに・・・ なんて悲しい展開でなくてよかったです。
左近の時も刑部の時もどれほど凹んだことか。
その後、事ある毎に刑部からの書状を “ 使用 ” して眺めたもんですよ。
( 淀殿にまで刑部の書状を見せてヒカレタよ )
豊久もあそこであの白い歯はズルイよ。涙さらに倍でしたよ。
それにしても 彼にはなんであんなに嫌われてたんだろう ・・・

軽い笑いあり おやじギャグあり 涙あり 感動あり ほんとに面白かったv
うめだいふく可愛かった。オニぼんたん重そうだった。
女性陣が皆よかった。殿のお相手はオリキャラで纏めてくる辺りもうまいな。
( 私はたまきバージョンが好みだ )
ガラシャさまは美しさ、リアクションの面白さ、百合、諸々最高。
哀しく怖い淀殿の件と合わせてナイスなIFネタだったな。
舞兵庫が その他大勢キャラ の顔だったのがちょっと残念だ。
高虎かなりご贔屓されてたな(笑)うん格好よかったです。
リアクションで 王都楼真悟 になってたけど(笑)
それにしても 禁断の伝説ネタできたか。“ 家康に×××しまった西軍 ”
もの凄い嬉しかったけど 同時にちょっと切なくもあった な ・・・ 

うあ~ プレイ中ツッコミ所いっぱいだったのに変に興奮状態なんで纏められなひ×
メモとっとけばよかったッ。こまめに感想UPすればよかったッ。
とにかく
満足v な IF関ヶ原 でした。
関ヶ原ウォーランドに行きたくなっちゃった♪
そういえば去年の佐和山登山も今頃だったか ・・・ 寒い時期にばかり何故×

トラックバックさせていただきました。
まるひげさまのBLOG へたれの戯言~ひとりよがり風味~

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments


こんばんはです~、きろくさん!
いそいそと遊びに参りました、まるひげです。

>小説版
まったくです!
これは是非、小説で出してもらいたいですね。
殿の親父ギャグとかなくても良いので(笑)、
可能であればif小説の書き手さんに…(無理ですよねぇ…)。

エンディング、自分もたまきバージョンの方が好きです♪
ずっと一緒にいたせいか、思い入れがはつよりも強いですし。
そして、キャラの表情やモーションが細かいので、
ただ画面見てるだけでも楽しいんですよね~。
(個人的には、刑部の扇パチパチが好きでした)

>寒い時期にばかり何故×
佐和山も関ヶ原も、今は非常に危険な季節…(苦笑)。
でも歴史モノって、夏より断然冬の方が雰囲気が出て良い感じです。
あったかくして、歴史小説読みたいですね。

はっ!
ゲームの話題から離れてしまいましたが、クリアお疲れ様でしたw

まるひげ URL | 2008/12/18 01:00 [ 編集 ]

味わい深かったです
まるひげさま こんにちわ。

みったんゲーム堪能しました~。
正直言って発売前は色んな角度から少々ナメてかかっていたのですが
今はその事をどこかへ向かって平謝りしたい気持ちです。
この一作で終わらせるのは勿体無いほどの世界でしたね♪
うん やっぱり次は小説版・・・

> 殿の親父ギャグとかなくても良いので ←うひゃひゃひゃv
ほんとに(笑)
あれを活字オンリーで、たまき達の無言のツッコミなしでやられると
みったんが本当にイタイ殿になってしまいますな(笑)

>if小説の書き手さんに・・・
いいですねぇv どんどん豪華に盛り上がっていくと嬉しいですねぇ♪
(アニメ化とかタカラジ○ンヌが・・・とかいうのはごめんなさい気分ですが)
小説化にあたってのエンディングは 分岐あり袋とじ とかで(笑)

> 刑部の扇パチパチ
私もあのアクション好きです!あの態度のままイラッとされた時には
コッ恥ずかしいやら焦るやら ちょっとMっ気湧いてくるやらで楽しゅうございました。
全体的にどの人物もほんとよく動いてくれましたね。
観てて飽きない。つい進行止めて観てしまう。
ウメダイフクが握り飯食べるまで観てしまう。なかなか終わらないワケです(苦笑)

佐和山と関ヶ原は来年あったかい季節になってのお楽しみにと思っております。
年末年明けは家であったかくして積読を消化・・・できるか な・・・

きろく URL | 2008/12/19 09:00 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/586-aba9ec5c


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。