妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時を巡る肖像 -絵画修復士御倉瞬介の推理-

時を巡る肖像 (ジョイ・ノベルス) (ジョイ・ノベルス)
柄刀 一
4408505013


フリーの絵画修復士・御倉瞬介が
絵画越しに垣間見える 人の想い を手掛かりに事件の謎を解き明かす


短編7編収録。
ピカソやフェルメール、モネ、安井曾太郎などの絵画と殺人事件が絡み合い、
淡々とした中にも画家の執念、絵画を愛する人の強い念が静かに燃えています。
事件の解決に際して絵画がちゃんと大事な役を担っている。
置いてけぼりになっていないのがいいです。

主人公はフリーの絵画修復士 中年のおじさん。
今は亡きイタリア人の妻との間に授かった1人息子を男手ひとつで育てています。
この息子が愛らしいです。しっかりした良い子です。
お父さんは仕事で家を空けることもある環境ですから
そういう時に家内を任せられる人が必要だな。
ということで
この家庭には “ 家政夫さん ” がついているのです。

家政夫さん ・・・ その人の名は 加護祥斎。
厳つい名前です。
ボディーガードですか?というくらいゴッツク逞しい男です。
大きな身体にエプロンつけて 料理は結構うまいらしい。
瞬介の仕事のことも その性格もよく理解している何かと頼れる家政夫さん。
なぜ祥斎さんは家政夫業をしているのか。御倉家とはどういう縁でこうなったのか。
この短編集では まったく解りません。
絵画修復士ものはシリーズで続編として
『 黄昏たゆたい美術館 』 という短編集が出ているので そちらで何か解るのか?
この続編、私はうっかり未読です。年末年始のまったり中に読もうかな。

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/585-65fe93b2


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。