妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

采配中

面白いッすv 某裁判モノ超リスペクト作品 (笑)
戦国裁判というか 逆転のゆくえというか(笑)
リアクションのとり方やら 反応音やら 細かい部分までリスペク … 清々しいまでに。
説得シーンなんて いつサイコロックが出てくるのかと (笑)
でもちゃんと個人個人の性格付けなど無理のない感じに纏められてるし、
言い草も態度も いかにもやりそうなイメージ で返してくる。
みったんの脳裏に映る 「 それぞれの事情・本心 」 だって
いかにもその人物が(実際に)抱えていそうな想いだったりして
私ゃ不覚にもプレイしつつ涙腺緩みそうになることしばしば。
いやほんとに 何度も泣きそうに (照) 何で?って突っ込まないで(照)
こういう 人の想い ってのに弱いんですよ私(照)
『 みったんは義の人 』 という大前提で物語は進んでいくので
その点に異論のある方は生温い思いを懐かれるかもしれませんが
西軍方に思い入れ深い人にとっては涙腺刺激されまくりな世界なんじゃないかと。

味方からバカバカ言われまくりのみったんですが
戦が進めば進むほどに、「 殿はバカだから 」 と言われれば言われるほどに
その言葉の意味が重みが 強く美しいものとなっていきます。
えぇお察しの通り、私このゲームかなり気に入っております。
まだ第3部の途中までしかプレイしてないんですが もうガップリです。
自らに焦らしプレイをかけてしまうほど好きです。
どんなラストが用意されているのか期待と不安が渦巻いておりますが とにかく
全部やり終えてしまうのが惜しいような心地で今、
3部 「 吉継~ッ 」 と叫んだところでストップ中。

要するに私は 「 石田三成大好きだ~っ! 」 ってことですだ。
 
全部プレイし終わってから もうちょっと落ち着いてから
改めて感想纏めてみたいと思うております。

テーマ : 雑記
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/578-2a49648a


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。