妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

左近の桜

左近の桜
長野 まゆみ
4048738275


『 左近 』 と小さな表札だけが掲げられた仕出し旅館
そこは ひとかどの立場にある殿方同士が密かに逢瀬を楽しむ為の宿屋だった
女将の息子の左近桜蔵は16歳
産まれながらにして妖しいモノたちを惹きつける魅力をもつ桜蔵の身辺で起こる
不思議な出来事の顛末


家で採っている地方新聞の日曜版には2面にわたって書評ページが設けられています。
一昨日10月12日に “ 新刊 ” として紙面で紹介されていたのが本書 『 左近の桜 』
7月に出た本ですから 新刊 と言うには日が経ってる気もしますが (笑)
記事内容は 「 行間に濃厚なエロスを漂わせる手腕が見事 」 とコメントを付けての
簡潔な作品紹介でした。
うん 確かに長野まゆみさんの作品って行間から、いやさ紙自体から
耽美淫靡な “ 気 ” が発散されているように思えますな。
この 『 左近の …』 もイイ気配を纏った男たちがいっぱい登場します。
“ 父 ” なる男も桜蔵少年を “ 女 ” と呼び、掌中の珠のように愛しげに見守っている。
桜蔵も反発心を持ちながらも その世界に浸っていく。
謎めいた人たち 謎めいた桜蔵 …
今後 彼らの謎が明かされることを期待していていいのかしら。
因みに
桜蔵の弟・千菊の “ 教師 ” 羽ノ浦への想いが気になるというか、
ちょっとお気に入りなんですが 羽ノ浦は桜蔵との因縁が濃いんですよね。う~ん …

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

よ・み・ま・し・た♪
さっき、「コメント」が「コント」に見えてしまった。そろそろ寿命が近いみたいです↓↓
長野氏の作品は白昼堂々の凛一シリーズ以来、ヒットがなくてしょんぼりしていたのですが、これはイイ!めっちゃんこ面白かった♪♪
はやく続編でないかな~と今からウッキウキです(笑)

ギャー URL | 2008/11/18 13:05 [ 編集 ]

待ちどおしいですなッv
ギャーさま こんにちわ♪
風邪は目も惑わす…(笑)完全復調なされましたでしょうか?
私は今ちょっと鼻ズル中ですの。本読みにくくて…(汗)

この『左近…』 長野まゆみさんの耽美ムンムンでイイですよね~v
私ゃ羽ノ浦センセが気に入っちゃいました♪彼のことを含め、
謎のまま放置されていることがいっぱいあるから気になりますよね~ッ!
来年には『野生時代』で桜蔵もの新シリーズの連載が始まるらしいですよ。

きろく URL | 2008/11/20 22:53 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/563-f412e6bc


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。