妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくとルークの一週間と一日

ぼくとルークの一週間と一日 (sogen bookland)
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
4488019617


両親を亡くしたデイヴィッドは大叔父一家に引きとられ
寄宿学校に入れられて日頃は寮生活を送っているのだが
夏期休暇ともなると大叔父たちの家へ戻らなければならない。
嫌々ながら帰ったデイヴィッドを待っていたのは予想通り
家人たちの迷惑気な態度と 「 感謝しろ 」 という言葉ばかり。
気落ちし苛立つ心を抑えていたデイヴィッドも ついヤケッパチな気分になって
「 大叔父一家を呪ってやる! 」 と出鱈目な呪文を叫んでみたら
地面が揺れだし塀が崩れ … 目の前に少年が現れた


デイヴィッド少年の成長と冒険の物語。
テーマは 「 人は見かけどおりじゃない 」
恩着せがましいばかりで愛のない大叔父一家とのギクシャクとした生活の中へ
北欧神話の神々が入れ替わり立ち代わり飄々と現れるのが面白い♪
すべての始まりは でたらめ呪文。  おかげでルークと名乗る少年と出逢い、
それからたった一週間のうちにデイヴィッドの人生はガラリと変わってゆくのですが
この2人の友情っぷりがちょっと素敵でしたの。
「 マッチ摺ったらすぐ来るよ 」 ってなんかイイっすv

北欧神話の神々がまた個々に魅力的。
分かる人にはわかる という登場の仕方なので神話に詳しくない私のような者にとっては
巻末の “ 著者あとがき ” での神々についての解説はありがたい。
善だの悪だのという定義じゃなく 人ならぬ超存在 な北欧の神々の世界に
深入りしたくなりました。 

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/556-f273149c


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。