妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

せっかくの放送だから

昨日はBSで 『 王の男 』 がFreeTVとしては初の放送がありましたね。
外出してたので いちお録画しておいたり♪
10月になると これまたBSで
『 真夜中のサバナ 』 とか 『 覇王別姫 』 の放送もあるようで。
『 真夜中の… 』 のほうは原作 『 真夜中のサヴァナ 』 は読みましたが映画は未見。
脚本化にあたって随分と改変がされていて原作好きさんからは不評に終わった映画だとか。
「女装の人物の描き方なんかが表面的に “ オカマちゃん ” って感じで片付けられてる」とか
「映画の進行上 主役扱いになってる人物が原作にない恋愛モードを繰り広げちゃって邪魔」とか
イケテナイ情報だけ入手済み (苦笑)
今回せっかく放送してくれるんだから自分でちゃんと観てみたいと思ってます。
原作のほうは2部構成でかなり長い作品でしたが疲れることなく読めた記憶があります。
副題にもあるようにアヤシイ人々が わんさか登場します。
これがほとんどノンフィクションだっていうから凄い。

真夜中のサヴァナ―楽園に棲む妖しい人びと (ハヤカワ文庫NF)
John Berendt 真野 明裕
4150502218


『 王の男 』 は観直してから改めて感想を♪

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

おっさしぶりです!
なんと!
『王の男』がBSで放送されてたんですか!
それは知りませんでした…。
この作品、一人映画(笑)で観に行ったんですが、
結構下ネタが多くて驚いた記憶がございます。
本筋は切ないお話なんですけどね…。
きろくさんのレビューお待ちしてますー!

そして来月は『覇王別姫』もですか!!
これは忘れられません。
『真夜中の~』はタイトルだけしか聞いたことありませんが、なんだか面白そうですね。
耳寄り情報、ありがたく頂いて帰りますw

まるひげ URL | 2008/09/11 23:54 [ 編集 ]

やってましたよぅ♪
まるひげさま こんにちわ♪
そうなんですよ民放系BSで放送してました。
唐突に始まって途中CM挟み~のラスト本編終了部分で唐突に終わる という
荒っぽい放送の仕方でしたが(苦笑)
下ネタは気にせず放送してくれてました(笑)
これ 日本では興行的にイマイチで終わったんだそうですね。
なんでかな。やっぱり表面的な印象で避けられちゃったんでしょうかねぇ。
私は繰り返し観たいと思う作品でした。
一度最後まで観て、次は前振り場面を1つずつ味わいながら…

10月はど~もくんのいる局のBSで放送です。
『真夜中の…』はbs2で4日深夜の1:20~
『覇王別姫』はhiのほうで31日のPM10:00~
の予定らしいですよ♪

きろく URL | 2008/09/12 17:38 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/551-cfb749f7


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。