妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香水

銃士伝 (講談社文庫 と 32-12)
東郷 隆
4062758717
( 単行本タイトルは 『 本朝銃士伝 』 )
日本史から銃に纏わるエピソードをとりあげた短編8作収録

S藤さまに教えていただいた 『 香水 』
すっごいヨカッタです!! こういうの大ッ好きでございますっ!!

西南戦争において岩崎谷で歿した桐野利秋 = 中村半次郎と
銀座に店を構える輸入商・信濃屋の店主、太兵衛との交流を描いた作品。
明治新政府において陸軍少将の身分にある桐野と
維新後、武士から商人へと転身した太兵衛が
高級輸入香水 “ ローズ・ド・メ ” を縁に親しく交わるようになり …

香水のかおりと共に漂う男たちの情がとてもイイ。
鞍上の桐野からローズ・ド・メの馥郁たる香りが漂う なんて堪らんイイ!
桐野利秋がフランス香水を愛用していたというのは本当らしいですね。
金鎖の懐中時計といい、とても粋でお洒落で でも豪胆な薩摩武士。
最後、桐野を送る太兵衛がじわ~んとキます。

これ読めてよかったですよぅ v S藤さま 本当にありがとうございます(深々)

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

お返事
素晴らしいv アンテナ張って待ちたいと思いますv

きろく URL | 2008/10/02 20:14 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/549-0cf8ff6e


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。