妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妃は船を沈める

妃は船を沈める
有栖川有栖
4334926185


作家・アリスと火村 “准” 教授もの最新刊
変則的長編です。 中編2作を幕間で繋いだ形。
読後 寂しい気持ちになったのは
私個人的に想い入れの深い地・大阪北摂地域が舞台となっていたせいかしら。

ややこしいミステリではなくサラッと読める感じではあるのですが
火村さんの 心の痛い、暗い部分に触れることがポロポロあったりもして決して軽い作品ではなく。
大詰めでアリスがある人に言う台詞 
「 あなた自身お認めになった心の歪みは … 」 
これって火村さんにとっても ちょっと痛い言葉だったんじゃないかしらね。
後でアリスに 「 脱帽するよ … 」 と言った陰にはそんな想いも含まれてたんじゃ なんて。
やっぱり無自覚に凄い人なのよ アリスって。だから火村さんにとって特別な存在なんだね。

ってことで 重いばかりじゃありません。この2人がずっと一緒に行動してるんですもの (ニヤリ)
細かく色々ヤラカしてくれてらっしゃりますんで楽しみませう。
ニューフェイスの女性刑事・高柳さんがイイ仕事してくれてます。
火村さんの 「 アリス 」 に対してナイス突っ込み。
「 知らない人が聞いたら、きょとんとしそう 」
いやいや そこは 「 ニヤリ 」 とするんですよ お嬢さん。

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/543-5ca97aee


-
| 2008.08.23
管理人の承認後に表示されます
今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。