妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名作古典でワッショイ祭  【 金色の死 】

谷崎 潤一郎著 【 金色の死 】
オンライン書店ビーケーワン:金色の死

『 僕は君の来るのを遠くから眺めていた。
  彼処の柱によりかかって・・・・・。』


自身の持つ芸術観をあくまで貫き通して 行くところまでイってしまった、
超お金持ちで派手好みなカブキ者美青年 “ 岡村君 ” を
その長年の友の “ 私 ” 目線で追った短編小説。
友 といっても“私”の方にはいろいろ複雑な感情があって
よき友 とは言えない間柄ですが
岡村君はマイペースで “私” と接し続けています。

岡村君は 自己の財産をつぎ込んで完成させた大規模な楽園、
『 絢爛なる芸術の天国 』 へ “私”だけを招き入れます。
「 正直言って僕は僕の作った芸術をあんまり人に見せたくない。」
と言いつつ、“私”だったら 「 1週間でも10日でも滞在してかまわない 」 んだって。

微萌度:★★★ ( グロくて、どこかしら安物くさい雰囲気漂う楽園を
   自己の美意識の象徴として造ってしまったコスプレ青年岡村君をどう見るか が
   評価の分かれ目ですね。)

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/54-602ccd97


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。