妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イグアノドンとちいさなともだち

イグアノドンとちいさなともだち
小野 かおる 松谷 さやか
4097263099


大きな恐竜イグアノドンに大事な友達ができた
小さな翼竜プテロダクチルス  小鳥のように小さな翼竜だけど
その鳴き声は小鳥と似つかぬ、美しいとはとても言えないようなもの
でも その声こそが …


絵本です。少ない言葉数ながらガツンとキました。
小野かおるさんの画くブサイク可愛いイグアノドンも魅力的です。
幸せそうなんだけど ちょっと切ない そんな読感の作品。

( 以下 勝手に両方 “ 雄 ” って設定でお送りしております )
2匹の関係が堪らん素敵です。
プテロダクチルスの悪声はイグアノドンにとっては至福の想いを抱かせる特別なものなのです。
イグアノドンは 「 しゃがれ声とうなり声に心ときめかせ 」 ます。
その理由がまた堪らんです。キュンときます。
そして 寄り添う骨。 イイ! もぅ切ないやら なんとも愛しいやら …
繰り返し読んでも キュンキュンくる素敵絵本。 骨必見。

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/536-49b18ea6


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。