妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪之丞変化

雪之丞変化〈上・下〉 (大衆文学館)
三上 於莵吉
“市立図書館ならあるかと。昭和国民文学全集9巻とか…"

上方での人気を追い風に江戸興行に乗り込んできた菊之丞一座
一座の花形女方・雪之丞は胸に特別な決意を漲らせての江戸入りだった
父母を奸計によって無残な死に追いやった仇たちが権勢を振るい人生を謳歌している江戸
今 雪之丞の復讐劇の幕があがる …


時代劇スキーさんにはおなじみのタイトルではないでしょうか。
何度か映像化されている作品。私ゃ観たことないんですけどね。
でも脚本紹介などを読むとドラマ版と原作はかなり違う雰囲気らしく感じます。
ドラマ版では主人公の雪之丞と彼を陰ながら助ける侠賊・闇太郎を
“ 顔がそっくり ” という設定にして1人二役で演じてるって …
それじゃぁ 原作のあの空気は出ないよなぁ。

原作ではね 闇太郎と雪之丞が とってもイイんですよ。

ていうか これはガッツリ作品?
いや、雪之丞と闇太郎の 出会ってからガッツリになってゆくまでの話 っていうか …
だって雪之丞さんったらね 悲恋のヒロイン浪路さんを相手にしたって
「 可哀相な娘さん 」 と想いつつも心の違う部分では彼女に流れる父親の血を嫌悪するあまり、
彼女に対しても 「 いい難い汚らわしさ 」 を感じちゃったりしていて
許されざる愛念に苦しんでいる風でもないし、
女賊・お初さんに対してなんて 「 鬱陶しい 」 以外の何もない。
でも 闇太郎に対して膨らんでいく信頼感と好感度は深く深く …
ってか オチがね もうアレなんですものv あまりの幸せガッツリっぷりに仰け反りましたわよ。
これは雪之丞の復讐譚であると同時に雪さん闇さんの絆の物語なのです。

雪之丞さんは女方として人気を博してますが、
立役も望まれるようなキリリとした匂いもある役者です。
女と見紛う程のなよやかな佇まい と思いきや身のすくむような鋭気も発する麗人。
そんな “ ヒーローにしてヒロイン ” の相方として、人好きのする好漢・闇太郎さんの存在が
シックリしっぽりとハマッて最高です。 こういうの大好物。

いやもう 二ヤニヤしっぱなしです。語りどころが随所に …v
作品自体にも突っ込みどころ多いし (笑)
でもネタバレ防止 っちゅうことで ここいらで控えまする。
未読の方はこの夏にいかがですか? 復讐場面のちょっとした怖さは夏向け かも(笑)
怖ッ の後には萌えますぜ。ひ~v

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

お邪魔します☆
お久しぶりですきろく様♪
きろく様のブログを拝見して、是非読んでみたい!!と思って本屋を探しまくったのですが!ど~~しても見つからないんです!!『雪之丞変化』しかも地元(+会社近く)の本屋には大衆文学館の「た」の字も置いてないんですよ(泣)あぁ~どこに売ってるんだ・・・まさか絶版ってことは・・・ブルブル。・。・。
 すみません。。久しぶりのコメントが嘆きで(汗)

ギャー URL | 2008/09/04 10:02 [ 編集 ]

おぉぅっ
ギャーさま こんにちわ♪
雪之丞 … 古いですもんねこれ(汗)
図書館で全集など探してみる方が容易なのかもしれません。
『昭和国民文学全集9』とか『大衆文学大系 第12』には収録されていたと思います。
他にも三上於莵吉の全集とかあるのかな?チトあやふやですが(汗)
全集となると デカイわ重いわ で扱いに腕力と手間が掛かりますが
読みながら色々ツッコミ入れつつもニヤリとさせられる闇さん雪さんの世界
是非お試しください フフv

きろく URL | 2008/09/05 18:41 [ 編集 ]

ウギャー!!
きろく様おはようございます。
うぅ。。やはり恐れていた結果が・・・。
やっぱりあの分厚い文学全集を図書館から借りてこなければならないっぽいですね(><)あれを通勤時に読むのは至難の業・(ていうか家で読めって話ですよね)
でも色々ツッコミを入れながらニヤリと読むというのは魅力的なお話♪
あぁ~ますます読みたくなってきた!今度の土日にでも図書館ウロウロしようと思います!!

ギャー URL | 2008/09/08 09:05 [ 編集 ]

どうしても重々
ギャーさま こんにちわ♪
全集のごっつさは通勤にはキツイですよね(TT)
腕肩腰の痛みと周囲からの「チャレンジャーを見つけた!」と言わんばかりの視線が痛い(苦)
大衆文学館版って講談社サイトで紹介はされているもののお取り扱い不可ですもんね。
やっぱり絶版…なんでしょうねぇ
『雪之丞』のみならず、今は入手困難な大衆文学作品の中には
お宝がいっぱい眠ってるんじゃなかろうか と思うと … クゥッ

きろく URL | 2008/09/09 16:36 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/532-163daf17


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。