妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名作古典でワッショイ祭  【 星の王子さま 】

サン・テグジュペリ著 【 星の王子さま 】
オンライン書店ビーケーワン:星の王子さま

『 ぼっちゃん、ぼっちゃん、
  ぼく、その笑い声をきくのがすきだ 』


超名作です。
とても綺麗で純粋でちょっと遣る瀬なくて切なくて・・・・・
普通な目線で読んで よし。底に微萌を見てもよし。
両方複合体で見てもよし。

最近 翻訳ブームとかで 
星の王子さまの新訳本が多く出るとか出てるとか。
私は 沢山の訳本を読んでいるわけではないので何なのですが 
今のところ 岩波書店刊の内藤濯さん訳のものが好きです。
文体が古い、読みづらい という方もおられるようですが
私は “ ぼっちゃん ” という呼び方や 
どこか たどたどしい感じの口調で訳された会話に 
もどかしいような、
心の内の想いすべてを伝えきれない事の じれったさ のようなものを感じて 
胸にくるんです。
終盤に航空士が何度もなんども言う 「 ぼく、きみのそば、はなれないよ 」 が
堪りませんよ。

微萌度:★★★★★ ( ウフフ系の微萌でなく 純粋な微萌目線で。
この本は子供時分よりも歳をとってから読み直したほうが沁みますね・・・・・)
こっそりウフフ系で申せば・・・キツネの想いはウフフに素敵です。王子さまにとってキツネは大事な友達、
キツネにとって王子さまは大事なひと。(人類って意味でなく)微妙に片思い的ニュアンスでグー。

 

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/53-39544e3f


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。