妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蜃気楼

明日から7月 今年も半分過ぎて折り返し
夏がきますね~ 暑いんだろうね今年の夏も …

心身ヘロヘロ気味のきろくを いつも元気付けてくれるブログ拍手v
とっても嬉しく受け止めております 陽気になれます ほんと元気でます。
ありがとうございます v
これからも ガッツリものから重箱の隅をつつくような強引微萌まで
想ったところを物怖じせずに(笑) 感想書いていきたいと思っております。

ということで 「 それは想像の翼ハタメかせすぎだから! 」 な感じの微萌をひとつ

怪談部屋 怪奇篇―山田風太郎ミステリー傑作選〈8〉 収録 (光文社文庫)
山田 風太郎
4334733174


『 蜃気楼 』
自分の過失によって起きた悲劇以後、妄想に取り付かれている1人の男。
友人から 「 気晴らしに 」 と誘われた静養先の温泉地でも妄想は付き纏う。
苛立ちと恐怖を喚き散らす男にむかって 友人は自分自身の暗い過去を語り始める …


山田風太郎氏の短編。
山田風太郎氏の短編で強引微萌とくれば そのポイントは “ 友 ”

妄想に苦しむ男はどうやら
火事に遭って我が子を救えなかった自責の念から幻聴に取り付かれてしまっている
という状態らしいのです。
その様子を按じた友人が 気分を変えさせようと海辺の鄙びた温泉地へ誘ったという次第。
で、読んでいてフト気になった。子供の母親はどうしたんだろう。
男の口から女性の話は出てきません。友人もまったく触れません。
子供の母親は男の妻なのでしょうか そうではない人なのでしょうか
今は男の神経が不安定だから やむなく離れて暮らしているのか
女性もほうも傷心に倒れて静養でもしているのでしょうか …
とにかく
友人は男の身だけを按じて誘いの手紙を書きました。
子の母親は友が想い通わせた女性なんだから 少しくらい気にしてもよさそうなもんだ
などと想ってしまうと ほ~ら想像の翼がハタハタと …
そんな感じで … どうでしょう。

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/517-7b9e7b34


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。