妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『MW』 映画化で

手塚治虫氏の 『 MW 』 映画化されるんですか。
公式サイトもいちおオープンしているようで。
美知夫と賀来神父の関係は原作とは変えるそうですね。何故殊更にそこだけ変えるかな。
いや、私もそこにだけ拘っているわけではないんだけど 逆に
どうしてそこだけ変更するのかな? って …
( あの関係を使って 「暗に言わんとしていること」 というものがあると思っていたんだけどな )
女優さんを使いたいが為に女性絡みの話にかえましょう の発想だったら悲しいな。
TVドラマ化された作品なんかでも最近多いし そういうの。 華 とか言って …

2人の間柄を変えるとなると 神父の葛藤はどう処理されるんだろう。
ただの 「 旧知の人間だし … 弟みたいなもんだし … 」 ってだけになるのかな。
そうなると賀来神父という人がちょっと平板な、ありきたりな人物になってしまいそうだなぁ。

アクション多様のエンターテイメント作になるんだそうです …

MW(ムウ) (1) (手塚治虫漫画全集 (301))
手塚 治虫
4061759019

テーマ : 雑記
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

美知夫のもみあげに時代を感じる今日この頃
きろくさま、こんにちは!ちま太です☆
きろくさまのレビューで初めてこの作品を知りました。手塚治虫がこんな作品を書いていたとは・・・
美知夫と賀来神父はどうなるの!?とドキドキしながら、一気読みしてしまいました♪
早く最後が知りたい!でも、読み終わるのが惜しい!さすが巨匠の作品ですvv
ところで、映画の件は同感です。
美知夫とそーゆー関係にないと、賀来神父の行動(犯罪に協力までしたりする)に説得力がなくなると思うんですが・・・
美知夫が賀来神父を巻きこむ理由も分からなくなるし、彼の人間味もなくなってしまうような・・・
男同士のラブシーンが撮りたくないなら、別の手塚作品を映画化すればいい話なのに!
手塚氏が生きてたら、その改変は許したかしら??とちょっと思ってみたり☆
「ガリレオ」といい「チームバチスタ」といい、「こっちの方が万人ウケするでしょ」って決め付けされてるようで、原作好きな身にはちょっと悲しいです;

ちま太 URL | 2008/08/09 19:14 [ 編集 ]

流行は10年周期で廻るとか言いますが…
もみあげブームは廻ってきませんね(笑)
ちま太さま こんにちわv
この作品は衝撃ですよねっ。手塚治虫のダークサイド代表株でしょうか。
これを映画化するには かなりの決意と情熱が必要だろうと思うのですが
今回の映画化話はどうにも「安易にやってみちゃった感」が否めないと…
ちま太さまの仰るとおり 別の手塚作品をやればよかったんですよね!
なんで今MW? 思い切り改変してまで何でなんでしょ?
石○ゆり子さんの演じる“牧野京子”って誰でしたっけ?
メインキャラで牧野京子って…
そんなこんなで男女の恋愛物語を挿入しよって腹なんでしょうね。
ほんと何でそんなにしてまでMWを撮りたいんでしょうねぇ。
手塚氏もきっと天界で困惑しておられますよ。

今秋公開される“容疑者X…”も原作スキーとしてはモヤモヤモヤ×
大事なものを飴でベトついた手でベタベタ触られるような…
ほんと最近多すぎますよね 改変ドラマ化(涙)

きろく URL | 2008/08/11 19:46 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/513-8b5ed6a2


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。