妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タッチアップ

タッチアップ
田澤 拓也
4767807166


40年前に一度だけ甲子園で準優勝に輝いた県立高野球部
以後は地区大会も1、2回戦敗退続きの弱小部と成り果てていた
だがリトルリーグで活躍した有望選手たちの入学を機に
久々の甲子園出場をめざして選手はもちろんOBや地元の人々が夢を追い始める


高校球児が素直に頑張る姿を愛でる作品。
特に目新しい感覚の出来事とかが起こるようなことはなく。
選手たちや監督、部長やOB連 家族関係なんかも
他の野球モノ作品で見たことある気がするパターン なんですが
まぁ 高校野球がテーマとなると こうなっちゃうかなぁ
そうそう新奇なことも起こせないかなぁ。

登場人物たちの内面なんかにはあまり踏み込んでないので ちょっと薄味な印象。
某とのま君みたいにちょっと異次元な存在の子もいるんだけど
その子自身の想いなんかは見えてこないので 味が薄い …
それに あのラストは欲求不満溜まるッス! ああいう終わりでもいい作品もあるけど
この展開できて あそこで終わられるとなんか口惜しいわ。

他にも 装丁がすっげ地味ね とか思うこと色々ありましたが
主人公の吉沢くん(投手)の 「 ×が×× 」 という設定に刺激されて
読後暫らく シラドイ (+コジドイ)サイトさまに耽溺しちゃって
お陰様で楽しい時間過ごせたました。ありがとう。

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/507-e9e5d2a9


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。