妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ため息の時間

ため息の時間 (集英社文庫)
連城 三紀彦
4087482278

センセイと奥さんと僕 そして女がもう1人
4人の男女の 狂おしい “ 愛 ” の形


ガッツリものです。
なんとも不思議な読感でした。
実話を綴っているようなフィクション いや フィクションに紛れて語られる真実?
“ 僕 ” は誰? これは誰の物語なのか? 
その点を 「 ミステリとして描く 」 と作者さまが作中で仰るのですが
ミステリに仕上がってるかというと …。
確かに屈折した意味ではミステリ なのかな。
このモヤモヤ感も狙って書かれているとしたら 悔しいが大成功だ。
なんとも不確かで 幻惑されたままで それでもどこか真実の告白のようで でも …
どうであれ確かなことは これは恋愛小説であると。 激しい狂おしい恋愛小説。

想いの絡み合いっぷり すれ違いっぷり ぶつかり合いっぷりが激しいです。
もう 「 好きだ!」 「 愛してる! 」 って言っちゃえよ!
でも それじゃ駄目なんだ 駄目だったんだねぇ。

懐かしの手芸遊びリリアンが登場します。昔持ってたな プラスチック製のやつ。
でも 「 リリアンと似ている …」 とか 「 本当は女の子の玩具 」 などと
妙に納得の表現というか上手いこと言われた感が濃厚に残っている今リリアンを手にしたら
ものっそく照れくさいかもしれなひ。
SES リリヤン
↑ これは木製のリリア(ヤ)ン うん これは確かに似てると言われたら そうですか と …いやいやモゴモゴ

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/493-4d9e8054


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。