妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トンネル

トンネル 上下巻ボックス
ロデリック・ゴードン ブライアン・ウィリアムズ 堀江 里美
4777108279

実力ある歴史学者でありながら寂れた博物館の館長として生活を送っているバローズ博士は
息子のウィルと共に地下採掘に精を出す日々を送っていた
信頼と尊敬の念で結ばれていた親子だったが ある日バローズ博士は
ウィルも知らない謎のトンネルを残して 姿を消してしまう
自分に秘密で掘られていたトンネル 父の日記に書かれた謎の球体、謎の男たちのこと
ウィルは父の消息を探るべく 親友のチェスターと共にトンネルの奥へと進んでいったが …


第2のハリポタ という謳い文句で刊行されたこの作品。
児童書なんだけど、 子供向けとなってるようなんだけど、
結構 凄いことなってますよ これ。 あまり子供にはオススメでない気がしますよ。
かなりエライ感じの拷問あり~の 囚われの恐怖あり~の 犬に咬まれて皮膚裂け~の …
「 1人の犯した罪が一族友人知人すべてに累を及ぼす 」 って某国みたい こわいよぅ。
第2のハリポタを狙うには 冒険味少ないし爽快感もあまりないし 気分重くなるし …
どうなんだい ね?

でも “ 唯一の友 ” には惹かれるものがありました。

生まれついての白髪で色素の薄い肌、日差しに弱いウィル少年と
運動神経よくてガタイよくて でもちょっとアトピー肌なチェスター少年
肌の事をからかいのネタにされる怒りで 友達をつくろうとしてこなかった2人が
自然と親しくなり かけがえのない友と想いあって
その友情のためにエライ目に ( 主にチェスターが ) あっていくのがイイです。
ウィルはまだ自分の目的があってのことだからいいけど
チェスターはまったく ウィルのため の行動であんな事になってちゃって
恨んだり怒りぶつけたりしそうなものなんですが この子ったらっ。
この2人 (+ カル少年) がこの先また どんなエライ目に遭うのかを楽しみに
続きを待ちたいと思います。

( 著者の紹介が微妙にヘタレ(失敬)で友情で あの写真も … 本編より微萌ちっくだったり 

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/479-2e667f7c


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。