妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェヴォーダンの獣

ジェヴォーダンの獣 (ヴィレッジブックス)
ピエール ペロー Pierre Pelot 佐野 晶
4789718018

映画を先に観ておりまして、「 おやイイ v 」 と思っていたのですが
原作のほうが 「 更にはっきりイイ v 」 と感じられました。

“ 兄弟の契りを交わした主従 ” が素敵です。
フランス宮廷の学者であるフロンサックのいるところ、インディアンのマニが必ず共に居ます。
彼らは人種の壁を超えて、熱い情で繋がっています。世間の目などモノともしません。
( でも、マニといることでフロンサックの立場が悪くなる空気を感じとって、
  宮廷などには同行しなくなるマニ。それに腹をたてるフロンサック。ただ微笑みかえすマニ。
  すっごい いちゃいちゃエピソードだ  )
口数少ないインディアンのマニの目線が、行動が、一言がイイです。
それを全身で受け止め、信頼を寄せているフロンサックがイイです。
終盤の フロンサックの隈取り も映画で観たときは 「 ちょっと …× 」 な気もしたんですが
原作では マニと一心同体! な感じががっつり伝わってきて、かなりヨカッタです。
原作のほうが フロンサックの嘆きと怒りが強いんだな。だから素敵なんだ うん。
青年トマとマニの信頼関係もじんわりと素敵でした。

原作で イイ! を感じてから改めて映画を見直すと
初見とは違った印象で観られて好いかもしません。
今度レンタルしてこようっと v

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

改めてごあいさつ
うれしの。と申します。
過去の記事にコメントを付けてしまって申し訳ないです。現在進行系で読んでる本だったので嬉しくて。

先日はコメントありがとうございました。
実は、以前こちらのブログにお邪魔したことがあったのですが、その時はコメントする勇気がなく、自分のブログがもっと充実してからご挨拶しようと帰ってしまったのでした。
改めてブログを拝見しまして、先輩とお呼びしたいくらいに趣味が似ているので驚愕しております。読んだことない本もたくさん紹介されていて、今後の読書の楽しみが増えました。
また遊びに来させていただきますね。
それでは!

うれしの。 URL | 2008/12/09 21:06 [ 編集 ]

わぁい ようこそ
うれしの。さま こんにちわ♪きろくです。
お越しいただきありがとうございます。
コメントどこでも全然へっちゃらですよぅ♪嬉しいですv
『ジェボーダン』先に映画観ちゃったけど読んでよかった原作本のひとつでした。
>趣味が似ている
私も感じておりましたです♪
うれしの。さまのblogを拝見した際 「好き傾向が似てるかもv」と♪
特殊目線以外の本もツボにハマるラインナップなんです。
またお邪魔させていただきます。よろしくお願いします~。

きろく URL | 2008/12/10 14:40 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/475-0d99d776


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。