妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/11 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連載評論 「 いはねばこそあれ 」

新潮 2008年 04月号 [雑誌]
B00140WO2C

図書館でなんとなく手にとってパラパラとページを繰ってたら
面白い評論に出くわしました。
丹尾安典氏の連載 『 いはねばこそあれ 』
これ、 サブタイトルに “ 男色の景色 ” とありまして。
日本の男色文化を、歴史に名を残した人々の男色例を挙げて紹介・考察されております。
私が手にした新潮4月号で連載4回目。
尾形光琳と彼のパトロン的人物だった中村内蔵助の間柄が取り上げられておりました。
尾形光琳といえば 風塵雷神の屏風!燕子花図! と浮かんだんですが
が、私ゃ 中村内蔵助 という人物をよく知らない。
尾形光琳についても正直 「 屏風絵の人 」 という印象くらいしかなく ・・・
しかし
「 光琳の作品 “ 紅白梅屏風図 ” (やっぱり屏風 ) の構図に
  光琳と妻+内蔵助 の関係が浮かび上がる 」 
という説を紹介する評論のパワーに乗っけられてしまいまして今は彼らに興味津々。
この連載にも興味津々。
まずは 新潮のバックナンバーを読もうと思いまする。

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/466-e900dfa2


エコバッグ
エコバッグ | 2008.04.02
また来ます!私のサイトにも遊びに来てみて下さい。
-
| 2008.06.05
管理人の承認後に表示されます
今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。