妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヌレエフの犬 -あるいは憧れの力-

世界的ダンサーのルドルフ・ヌレエフは トルーマン・カポーティ主催のパーティで
ずんぐりむっくりの少々むさ苦しい犬と出会う


ヌレエフの犬―あるいは憧れの力
エルケ ハイデンライヒ Elke Heidenreich Michael Sowa
4384040679

大人の童話
ミヒャエル・ゾーヴァの絵が華を添えます。
登場人物が豪華です。華々しい永遠のスターたちが登場するこのお話の主人公は
人にあらず。 毛色もぱっとしない不恰好な犬・オブローモフ ( 命名ヌレエフ )
この犬がヌレエフに接する内に己が胸に眠っていた 美 への想いを掻き立てられ、
ヌレエフへの愛情と相まって ついに月夜のバルコニーで ・・・

もの凄く人臭い犬オブローモフが魅力的です。
やさしく見守るオルガさんも素敵です。
ヌレエフの存在がこのお話の世界に気品と天上の美を漂わせています。
( ヌレエフの踊りを未見の方はぜひご覧になってみてください。オーラが凄いです )
その反面、“ カポーティ主催のパーティ ” とか
そこに出席している面々(ヌレエフも含め) とか
オブローモフの元の飼い主の男たち ( ドラッグクイーン? )  などが
地上の人間の、少々スレた(下世話な)部分をにおわせます。

ヌレエフの墓の前で見せたオブローモフの姿にちょっとグッとくるものがありました。
どんな追悼の言葉よりも美しく深いものだと ・・・

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/460-5574ef44


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。