妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難破船

難破船 (ハヤカワ・ミステリ)難破船 (ハヤカワ・ミステリ)
ロバート・ルイス・スティーヴンスン ロイド・オズボーン 駒月 雅子

by G-Tools

南洋で座礁し、サンフランシスコで競売にかけられている難破船を
実業家ジム・ピンカートンとその友人ラウドン・ドッドは激しい競り合いの末、高値で落札した。
その船には大金を生む物が隠されていると信じる2人。
しかしその難破船がもたらしたものは あまりにも不可解な謎の数々だった ・・・


『 大人版 宝島 』 ( 作品案内より ) 
あの 宝島 のスティーヴンスンが継子と共に著した海洋冒険ミステリー作品。
う~ん ミステリー ・・・ なんだけど ミステリーらしくなるまでが長いながい。
芸術家になることを夢見ていたラウドン青年の生い立ちからパリでの修行時代の話、
そこでのピンカートンとの出会い、食い詰め生活、アメリカでのピンカートンとの事業話 ・・・
難破船が出てくるまでで 紙数半分使っちゃってるよ。
で ミステリーらしくなるのは 船の話が登場してからなんだもの。
「 ミステリーを読むぞ 」 と意気込んで執りかかると気分はグズグズになるかもしれません。
でも ちゃんと犯罪小説。
読み終えて振り返れば “ 金!金!金!欲望!血みどろ ・・・ ” 
それでも全体に漂うノンビリ感は スティーヴンスンの味 なのですかね。

さて 主人公のラウドン・ドッド青年。
彼は生来 人好きのする、 “ 人生なんとなく上手くいく ” タイプ。
親友ピンカートン始め、曲者船長や悪徳弁護士 諸々 ・・・ 皆ラウドンを気に入ります。
これだけ皆に好かれる青年ならば 乙女の1人も言い寄ったりしそうなものですが
ラウドンの周りには女性は影すら現れず。( ピンカートンは恋愛結婚しちゃうのに )
いや パリで、女性と関わる出来事が起こってはいるんです。
でもその出来事は “ ラウドンとピンカートンが出会う為 ” のものでしかなく。
女性と交際が始まることになるのか と思いきや、
ラウドンはピンカートンと語りあい、2人は親友関係に傾れ込む。ちょっと面白い展開です(笑)

大人版宝島 という謳い文句にあまり期待せず、ミステリー気分は薄めに
ニヤリへの期待もぬる~く保つくらいの感じでお楽しみください。

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/457-312e8c4e


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。