妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の涯ての島

夏の涯ての島 (プラチナ・ファンタジイ) (プラチナ・ファンタジイ)夏の涯ての島 (プラチナ・ファンタジイ) (プラチナ・ファンタジイ)
イアン R.マクラウド 浅倉 久志

by G-Tools

SF短編集。7作品収録
SFといっても SFちっくな世界を舞台にした恋愛作品 といった感じ。
男女の愛、家族愛、秘密の愛
いろいろあって全部がなんとも切なくて でもただただ悲しいではなく ・・・

表題作 「夏の涯ての島 」
歴史改変もの。 
『 1940年、第一次大戦でドイツに敗れた英国はカリスマ指導者の登場により全体主義国家となり
  モダニズム(=ファシズム?)に支配され、人種差別やゲイ迫害が横行している。
  主人公はゲイの老歴史学者グリフ。かつて愛した青年フランシスを忘れられずにいる。
  カリスマ指導者のジョン・アーサーはグリフの元教え子。しかしそのジョン・アーサーは実は ・・・ 』

元々は長編として書いたものを中篇の尺に縮めたのだそうです。
ガッツリ長編で読ませてくれてもよかったかもしれないな。ちょっと物足りない気も って
長編だと饒舌になりすぎて かえって味わいが薄れてしまうのかな?
内容は うっかりした一言で思いっきりネタバレしてしまいそうなので多くは語らず ・・・
戦争、迫害 繰り返される歴史 同じ轍を踏む愚かな人間
昔の愛 夢 忘れようとしても忘れられない 捨て去れない想い
諦めともどかしさに震える心。
ドロドロがっつりなゲイ小説ではありませんです。

ほかには
『 帰還 』 ( 宇宙での特殊任務によって生ける死者となった男の物語 )
『 チョップ・ガール 』 ( 悪運をもたらす女と九死に一生を拾ってくる兵士が愛し合った時 ・・・ ) 
が好みでした。
『 わが家のサッカー・ボール 』 のなんともいえない感覚も。
息子たちが “ サッカーボール ” を蹴って遊ぶ姿を微笑んで見守る母。シュールです。

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/453-d939525a


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。