妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シー・ペリル号の冒険

シー・ペリル号の冒険
フィリップ・ターナー 神宮 輝夫
4001106884

口が開かない、歯が痛い、寝付けない と散々な状態で
『 シー・ペリル号の冒険 』 なんとか読了。
本に集中できていない為か、シリーズ3冊中で一番盛り上がりに欠けたものに感じました。
なんか話がバラバラした感じで、せっかく再登場した提督もチョロっと顔出ししてすぐ退場しちゃうし。
挿絵は一番好きでしたが ・・・

アーサーはしっかり大人の階段登り中で結構いろんな想い抱きつつ、でも陽気さはそのままで。
デイビドは夢想力が旺盛になり。
ピーターがなんだかいい感じに育ってるのが素敵です。かなり凄い物を作れる変人になってます。
将来的に色んな意味で楽しみなのはピーターかもしれない。

今回は同年代の新しい友人が出来たり女の子が登場したりして
それなりに華やかではあるんです。でもなんとなく完全燃焼は し損ねた感じ。
あ、新キャラで 遺跡に燃える青年・サンディ先生 は素敵でした。
一所懸命なんだけど少年3人からちょっと適当にあしらわれてる所なんて かなり可愛いです。

シリーズ4作目も書かれているそうなんですが翻訳はされていません。何でかしら。

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/451-bee2e9fd


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。