妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お伽草子事典

お伽草子事典お伽草子事典
徳田 和夫

by G-Tools

図書館で借りてきました。
事典だけあって、関係事項編・作品項目編・お伽草子年表・テーマ、モチーフ稿 と
細かく分類されています。
題名50音順に掲載されているのでお目当ての作品を探すのがとっても楽チンv
ということで まずは今回のお目当ての 『 百鬼夜行 』 『 付喪神記 』 を探し出し、
お次は稚児物。
『 秋夜長物語 』 『 あしびき 』 『 幻夢物語 』 『 上野君消息 』 『 嵯峨物語 』
『 青蓮院稚児草紙絵巻 』 『 鳥部山物語 』 『 花みつ月みつ 』 
『 弁の草紙 』 『 松帆浦物語 』

大体が僧か稚児どちらかが儚くなる悲劇。
稚児が亡くなる場合、その稚児は 「 観音さまの化身だった 」 とかいうことになる。
でも中にはそういう宗教絡みでなく ただ
「 相愛の二人の間に障害が現れて・・・ 」 という恋愛物パターンもありv
私ゃそういう 人の愛 の話が好きなんですが、解説にはそういう作品について
「 別に男同士の設定でなくてもいいじゃないか。あえて男にすることないじゃないか 」 
という事が書かれていました。
うん確かに、別に男女でもいい話なんですが 逆に言えば
あえて男女でなくとも同性同士での想い合いであってもいいじゃないすか。
清らな愛の話であることに変わりはないんだから ね。

事典を借りたキッカケはこちら。妖しのモノたちの話も魅力的ッスv
図説 百鬼夜行絵巻をよむ (ふくろうの本)
田中 貴子 渋澤 龍彦 花田 清輝
4309726089

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/445-8fdf85ec


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。