妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダ・ヴィンチ・コード

ダ・ヴィンチ・コード(上) (角川文庫)ダ・ヴィンチ・コード(上) (角川文庫)
ダン・ブラウン 越前 敏弥

by G-Tools

今更の初読み ダ・ヴィンチ・コード。
カトリックの関係各所が怒ってみせたのも ちょっと納得。
怒ってみせとかないと これを利用して色々言う人が出てきそうですもんね
でもこれ 思いっきりフィクションじゃないですか。
「 研究者たちの間で真剣に議論が交わされた 」 のが不思議な気がしたり。
そう思うのは 私が特に信仰心があるわけでもない奴だからなのかしら。
なんしか “ 最後の晩餐 ” の絵解きはピンとこなかったし、
その部分がピンときてない以上、それを根拠に展開される “秘密” に関しても
真実味が感じられないのは当然のことで ・・・
普通にミステリー作品だったな という感想です。

で そんな風に普通にミステリー目線で読んでいるので 微萌を発見しちゃったりするわけです。
( 真剣に議論している方々には少々申し訳ないような気もしますが )

シラス修道僧 と アリンガローサ司教 がイイですよ。 

この2人、映画ではどんな扱いになってたんだろ。
「 『 モナリザ 』 のモデル確定か? 」 のニュースが流れたのに便乗して
TVで 『 ダ・ヴィンチ・コード ノーカット放送 』 とかしないかな。

ダ・ヴィンチ・コード デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)ダ・ヴィンチ・コード デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)
トム・ハンクス; オドレイ・トトゥ; ジャン・レノ ロン・ハワード

by G-Tools

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments


こんばんは、きろくさん!

ジーヴス漫画化とかバチカン奇跡調査官とか、
他にもコメントしたい記事がこんもりなんですが、とりあえずコチラに失礼します♪

お読みになったのですね、『ダ・ヴィンチ・コード』。
えぇ、自分もこの作品のキモ部分にはピンときませんでした。
絵解きの根拠や文書が提示されてるわけでもありませんでしたし。
まぁ、あくまでエンタメ作品なので仕方がないのかもしれませんが、
そうとわかっていてもイマイチ納得できなくて消化不良気味でした。

それよりなにより
シラスとアリンガローサですよねwww
映画版の2人は…


期待なさってはいけませぬ。
あまりの扱いに涙が出ました。

昔の記事ですいませんが、TB送らせてくださいませw

まるひげ URL | 2008/01/20 01:08 [ 編集 ]


TBありがとうございますv
映画版 イタダケナイ感じなのですねッ(涙)なんて勿体無い。
そういえば 映画の予告CMなんかでも
シラスっぽい人物はピックアップされてなかった気もしますね。
そうかぁ 彼らの間柄は流されてしまったかぁ。
それじゃ もう見所ないじゃ・・・

きろく URL | 2008/01/23 12:00 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/434-5cb6fbf8


『ダ・ヴィンチ・コード(下)』読了。
ティービング邸で暗号解読の末、彼らが辿り着いたのは、ダ・ヴィンチが英知の限りを尽くしてメッセ―ジを描き込んだ〈最後の晩餐〉だった。そしてついに、幾世紀も絵の中に秘され続けてきた驚愕の事実が、全貌を現した! 祖父の秘密とその真実をようやく理解したソフィーは..
今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。