妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏果を得ず

年を越してから どうも集中力に欠けています。いかんなぁ。

仏果を得ず仏果を得ず
三浦 しをん

by G-Tools

文楽ものv
人形浄瑠璃とくればパッと人形の姿が浮かんできたのですが
この小説のメインは人形でも人形遣いさんでもなく太夫の若手さんでした。
若手(といっても三十路)の太夫・健が人間国宝(おちゃめさん)の師匠・銀太夫に鍛えられながら
一端の謡い手になっていくお話。
クセのある三味線の兎一郎さんに生涯の相方と認めてもらえるのかが一つの鍵。

三浦しをんさんの作品らしく、素敵人物がイッパイ登場します。
芸道に生きる者同士の繋がり・特別な相手との絆がイイです。
いろんな事を超越した所に存在する “ 特別 ” そんな相手がいる人生って羨ましい気もします。

文楽とか能って 詞章をしっかり聞かなくてもその世界にほわ~っと浸ることは出来て
それはそれで心地よくはあるのですが
じっくり心傾けて入り込むと かなりドカーンとくる作品が多い。
この 『 仏果を得ず 』 も その辺りに惚れ込んで拘って書かれたのだなぁという感じで
健太夫を通して詞章を解き、読み込み、戯曲の芯を描くことが主目的なのだろうと思われ。
タイトルと通ずる “ 仮名手本忠臣蔵 ” の件では
勘平の想いやら戯曲の深みやら舞台上の演者と観客の高揚やら
いろんなものに捕らわれて泣きそうになっちゃって。あぁ何であれ舞台っていいなぁ凄いなぁ。

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/430-629835a5


仏果を得ず<三浦しをん>-(本:2009年25冊目)-
仏果を得ずクチコミを見る # 出版社: 双葉社 (2007/11) # ISBN-10: 4575235946 評価:80点 文楽である。 全く興味のない分野である。 この小説の主人公と同様に、高校生のときに芸術鑑賞会かなにかで文楽を見に行ったことがあるくらいである。 この小説の主
今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。