妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィズ・ゼロ

 ガッツリとみてヨシ

ヴィズ・ゼロヴィズ・ゼロ
福田 和代

by G-Tools

ハイジャックされた飛行機が嵐の関西国際空港に降り立った
台風の影響で陸の孤島と化した関空
犯人たちの狙いは? サイバーテロとの関わりは?
13年前の殺人事件とスパイとして生きることを強要された男たち
“ スパイは存在しない ” はずの日本の警察や国家の対応は ・・・
犯人たちと警察・国家要人たちとの心理戦がはじまる


年末に 思いがけなく嬉しい当たり作品でした。微萌的にv
エンターテイメントノベル講座の課題提出用に書かれた作品が出版社のかたの目に留まり、
そのまま出版まで至った という一冊だそうな。
課題用に書いたものがデビュー作になっちゃったって なんか凄い。
ほんとに面白かったから また凄い。

自由を手に入れるための大勝負にでた犯人たち。
その想いに惹かれた天才プログラムハッカー・ファントム。
13年前の事件に捕らわれたまま生きてきた二人の男・甲斐警部補と出石警視正。
沢山の男たちが自分の過去と未来を想いながら闘う数時間のドラマ。
その沢山の男たちが互いを想う様子がまぁ素敵v
微萌としては2大看板あり といった感じでした。
国家・警察サイドの甲斐と出石 と 犯人サイドのシンとファントム。
あ、犯人サイドの2人はもうガッツリってことでいいのかな?
だってね
“大きな手と細身の背中、滅多にみせない微笑” で強引にオトされちゃった青年がいるのだもの。
オトされちゃったのは天才プログラムハッカー・ファントム。
強引なのはハイジャック事件主犯のシン。

「 おまえと一緒に大きなことをやりたい 」
「 あんたはずるい 」
・・・ 最初からそのつもりだったのだ

って 
ヒリヒリした空気の機内で貴方たちデキアガッてるじゃないですか。
あの言動はシンさん、求愛実力行使編ですよ 絶対逃げられないじゃん(笑)
回想シーンの “ シンさん、ファントムくん家にお泊りの夜 ” でも
かなりイイ雰囲気だったんですが 最後にきて太鼓判を押された感じで(笑)

警察サイドは ツンデレの素養がみられる出石警視正と
彼とは友であるが故にギクシャクした関係となっていた甲斐刑事とのやり取りがイイです。
交錯する想いとか胸に抱えた痛みとかツボが多々ありますが
全部が繋がってネタバレへとなだれ込んでしまうので
ここはもう 読んでみてください ということで。
出石さんを慕う部下とか女装もばっちりSATの林くんとか素敵どころも沢山います。
女性も一人 ( 出石さんの嫁さん入れたら2人 ) いますが出番少なし。野郎祭です。

途中で挿入される思い出話で人間関係が早々に分かってしまうのがちょっと残念 とか
( 「 もしかして?」 くらいで濁しておいてくれたら終盤もっと盛り上がれたかも )
沢田さんがもったいない感じ とか
ポロポロ思うことはありましたが 最後まで食いつきっぱなしで楽しめました。

微萌度:★★★★ ( 次回作はどうなのかな?ファントムたちvs甲斐さんの話なんて読みたいわ。
頑張れ出石くん的なのでもいいな(笑)ちょっと期待v )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

いやほんとガッツリですねvv
きろくさま、こんにちは♪ちま太ですv
きろくさまのレビューを見て、ぜひとも読みたいと思ってたこの本、やっと読めました!
スロースタートと言うか、始めのうちはあんまりピンと来なかったんですけど、ハイジャックの目的が明確に提示された辺りから盛り上がって楽しく読み終われました~♪
いや、ほんとガッツリですねvv
私には、シンと甲斐がファントムくんを取り合ってるようにしか見えません(笑)
個人的には、ファントムには、シンの強引さに押しまくられ続けてほしい!
そんな次回作を期待しちゃいます☆

ちま太 URL | 2008/04/05 19:01 [ 編集 ]

がっぷりガッツリv
こんにちわ ちま太さま
ちま太さまもツボにキましたかッv いやぁイイですよね この作品v
仰るとおり だんだんと盛り上がってガッツリ度グイグイ↑↑(笑)
シンさん・ファントム・甲斐さんの三つ巴ッ
そこへ出石警視正が入ってくると もうフルコースですよね ご馳走フフフ
そろそろ次回作 … 出たら嬉しいですねぇ。
水森サトリさんとこの方の次回作はとっても楽しみですv

きろく URL | 2008/04/05 21:44 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/422-c26fa689


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。