妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月を流さず - 御算用日記 -

 2人で朝錬 始めました

月を流さず  御算用日記 (光文社文庫) 月を流さず 御算用日記 (光文社文庫)
六道 慧 (2007/10/11)
光文社

この商品の詳細を見る

幕府御算用者 今度の潜入先は黒銀藩
蒟蒻、祈祷師、女の戦い
千両智恵の数之進と超過保護用心棒の一角が謎に迫る!


ついに長姉の伊智が登場。しっかり者で慎ましい、よく出来た女性です。
それに対比してでしょうか、我儘2姉妹が常より更に鬱陶しく見えちゃって×
かなりイラッときちゃいました。
一角も彼女たちに対して今まで以上に辛辣です。
ズバッではなくグサッとくる言葉をなげてます。
そんなことでメゲル姉妹ではありませんが。

どうやら今回の一角は “ 数之進を守る ” ことの困難さに直面して
焦りを覚えているようで それで苛ついているらしいです。

「 数之進が大事で大事で 傷ひとつ付けたくないのに
  当の数之進はお人好しで無防備で 危険なことへ飛び込んでいくし 」 と
数之進に対しても苛々をぶつけちゃう。でもその苛々は
「 そんな数之進を守りきれない自分の不甲斐無いさ 」 に対してのもの。
って、
結局 数之進がすべて ってことですやん(笑)

今回の黒銀藩は数之進にとって特別な藩になったようです。
無垢と純粋 算術好き同士 惹かれあうものがあったんですなぁ。
懸命に救っても先行き安泰とは決して言えない藩だけど
あの殿様の代だけでも平穏に過ごせたらいいね。

微萌度:★★★ ( 早朝に2人で鍛錬、ちょっとイイです。一角が嬉々としているのが素敵です。
数之進は体力いっぱいイッパイで一角の美麗な横顔を見損ねているのが勿体無い話です )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/413-221cda9e


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。