妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警視庁幽霊係

 ちょっと気になる

警視庁幽霊係 (ノン・ノベル) 警視庁幽霊係 (ノン・ノベル)
天野 頌子 (2005/10)
祥伝社

この商品の詳細を見る

刑事の仕事をしているうちに 幽霊が見える体質になってしまった柏木雅彦警部補
特殊能力を有する者たちの部署 「 特殊捜査室 」 に配属され
逝ってしまった犯罪被害者本人からの事情聴取に日々奔走
ちょっと異色の捜査事件簿


特に気になる2人がいる というわけではなく、主人公の柏木警部補を中心に
なんとなく微萌を生みそうな面々がいる という程度なんですが
幽霊係シリーズとして続いている作品なので( 現在長篇2冊あり。未読)
いろいろ発展がないとも限らないぞと期待しつつ。
一冊目における女ッ気 ( レギュラー ) は
自称・柏木の守護幽霊・結花ちゃん( 女子高生幽霊 )と
嫌なオーラを発散しまくりの妖怪めいた霊能者・唐沢縞子の2人だけ。
あとは 特殊捜査室の渡部室長や 柏木さんの前部署での先輩・清水警部補、
ちょっぴり守銭奴な霊能者・三谷啓徳 など、クセのある男たちばかり。
柏木以外の特殊捜査室所属の面々も名前と能力が語られただけ。
長編ではちゃんと活躍しているらしいので 柏木さんとの絡み等々、
読むのが楽しみです。

微萌度: ( 期待中。
重度の胃炎で牛乳ばかり飲んでる柏木さん。コーヒー中毒の私もつられてホットミルク。
ミルクといえば“ 夜に飲むミルク ”って もう売ってないのですかね )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/394-7acda11b


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。