妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亡国のイージス

 漢祭り

亡国のイージス 亡国のイージス
福井 晴敏 (1999/08)
講談社

この商品の詳細を見る

今 現実の国会で 海上補給の継続について議論が戦わされています。
ただ法案がどうこうではなく、日本人がこれまでもずっと
考えているようでいて実は直面しようとしていなかった
現実的な防衛力のあり方という問題を真剣に 本当に懸命に
考える時が来ているのではないのか などとシリアスに思う今日この頃
『 亡国の ・・・ 』 を再読。
何度読んでもズンときます。色々考えちゃいます。で終盤 涙がダーっと。
真面目な感想を語りだしたら それこそ作品の分厚さ並みに超長文になりそうですし
なによりここは微萌のblog。
ということで

漢まつり!!(笑)
中年のおじさん同士の 敬愛と友愛と信頼が満ち溢れています。
そこへ若者の瑞々しく揺れる感性がキラリと交わって微萌の坩堝。
誰に感情移入するかでツボも変わってくると思いますが
どこを採ってもイイ。
とはいっても やはりメインは
仙石先任伍長(48歳)と孤高の青年・如月行(21)でしょうか。
中盤、終盤と うなぎ登りにアレです。
心の繋がりが深まるほどにニヤリとさせる空気を醸し出し、ツボの会話を交わし、
本人達も照れてみせる。
他にも、菊政二等海士(20歳)や田所海士長(24歳)と如月行の繋がりも
意味深く 重く 切なく  そしてニヤ・・・
宮津艦長を慕う面々も魅力的です。それこそ おやじ世代から若造くんまで。
阿久津さんの心情が堪らんです。グッときます。
宮津さんを 「 部屋長 」 と慕い、それが ・・・ おっとネタバレ×

映画は観てなかったりします。好きな作品だから
誰がキャスティングされても違和感たっぷり感じてしまうので。
原作は その分厚さ、ボリュームに圧倒されますが
グイグイ引っ張りこまれて 苦なく読めると思いますので是非。
単に戦闘もの戦争ものではなく、人が感じるべき、考えるべき、
向き合うべきものがあります。登場人物たちも魅力的。( アメ国この野郎ッ と思っちゃいますが )
そこに微萌もあるのですから 読んで損はない作品だと思います。

微萌度:★★★★ ( 宮津隆史青年の清々とした心根が作品を包み、
色々語りかけてきます。現実は清濁併せ呑んで そのなかで潔癖に
最良を模索していくものだと思うのだけど ・・・ う~ん深い )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/391-84f6f289


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。