妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

曲芸師ハリドン

 後にも先にも “ 船長 ” だけ

曲芸師ハリドン 曲芸師ハリドン
ヤコブ・ヴェゲリウス (2007/08)
あすなろ書房

この商品の詳細を見る

曲芸で日々の糧を得ながら生きてきたハリドンが学んだ事
「 誰も信用してはいけない 」
そんなハリドンが唯一心を許す相手 “ 船長 ”
曲芸をしている時と “ 船長 ” といる時間だけ安らぎを感じることができる
しかしある夜 その “ 船長 ” が ・・・


「 スウェーデンからやってきた現代のおとぎ話 」 
おとぎ話というには 全体に漂う独特の空気が暗いのですが
「 ムーミンの世界からインスピレーションをうけて書かれた 」
と言われて なるほどね と。
トーべ・ヤンソンの描くムーミンにも 薄暗いムードというか
少し湿気を含んだ空気のシットリ重い感じがありますもんね、よく似てる。
スウェーデンのおとぎ話って皆こんな感じなのかしら?

さて、微萌所は ハリドンと “ 船長 ” です。
作品紹介でグイッと きましてね(笑)読んでみて 「 あ~ イイわ 」 と。
人を信じない少年・ハリドンが唯一 失いたくないと思う人 “ 船長 ”
2人は人生の 少し良い時 と 悪い時を共に過ごしてきて
今も一緒に暮らしています。 
彼らのこれまでの人生は ぽつぽつと回想の形で語られるだけで
どんな風に育ったのかも 家族がいるのかどうかも分かりません。
ただ “ 船長 ” の胸中には燻り続けている夢があり、
ハリドンはそれがどんなものなのかよく知らないままに
「 いつか自分を残して去ってしまうのではないか 」 と不安に感じていて
ついにその不安が現実のものに? というところから物語が始まります。

荒れる海辺で叫ぶハリドンが切ないです。
重く暗い世界に 灯台の光が暖かいです。
皆どこか寂しくて 互いの寂しさも分かっていて
想いをそっと抱えたまま 何も言わずに傍にいる ・・・
ちょっと切なくて暖かい 大人のおとぎ話。
原題は 『 ESPERANZA 』
スペイン語で 希望 という意味だそうです。

微萌度:★★★ ( ハリドンと子犬もイイです。段々心が通うというのはイイものです。
普通に人語を話す子犬。唐突なんで驚きました )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/390-fd19ef81


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。