妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョヴァンニの部屋

 ジョヴァンニが悲しすぎるよぅ

ジョヴァンニの部屋 (白水Uブックス (57)) / 大橋 吉之輔、ジェームズ・ボールドウィン 他

フランスに遊学中のアメリカ青年デイヴィッドは
偶々立ち寄ったバーで美貌のイタリア人バーテンダー・ジョヴァンニと出逢った
男性に惹かれていく自分を認めたくないデイヴィッド
求婚中だった女性サラが長期旅行から帰ってきたのをきっかけに
“ 元通りの自分 ” を取り戻そうとするのだが ・・・


自分の中に眠る想いを認めたくないくせにジョヴァンニと同棲をして、
ジョヴァンニが愛を注いでくれることに対して感じる罪悪感を
彼への嫌悪にすり替えて、結局ジョヴァンニを傷つけ追い詰め、
悲惨な最後へと追いやったデイヴィッドは もの凄~っいダメ野郎だな と。
同棲自体 「 住むとこ出来たラッキーv 」 てな部分も多々 だし×
男性に惹かれる自分をどうしても認めたくないのなら
その部分はきっちり封印して せめてサラを幸せにしてやれよ!と思うのにそれも ・・・

書店での偶然の鉢合わせシーンがなんとも辛い 痛々しいです。
ジョヴァンニはものッ凄い心配してたんだぞデイヴィッド!
それくらい想像つくだろがっ この馬鹿ッ!!

落ち込んで心沈むデイヴィッド
だけど時間が経てばきっとまた 愛を囁いてくれる誰かと出会って
その相手に依存して幸せぶって生きていくんだ。
自分のほうはやっぱり中途半端な想いのままでさ。

微萌度:★★★★ ( がっつり物。 ジョヴァンニが故郷を離れた理由が悲しい
幸せになれたらよかったのにな )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/381-2b049f7a


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。