妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パチプロ風雲録5 ~青春編~ その後

パチプロ風雲録5 ハマリはじめ ←
面白すぎるッ♪
男主人公で男キャラと同棲ライフを満喫中でございますv両刀くんのほう。
桐島竜弥・年上 考え浅いわ無茶やらかすわ心配で堪らないタイプ。
彼ほんとに吃驚なことをやらかしまして、それを助けたのがキッカケで
深いお付き合いに発展したわけなんですが ・・・ 甘々なんですけどv
男同士でチューのコマンド ちゃんとありましたよ。
唇の真ん中狙ってチューするのが難しいのですが
それがヒットしたときなんか てっ照れやがんのっ!!こっちも照れるってのっ!
で “ 電気を消して・・・ ” を選択しますと ・・・
喘ぎ声ッ!!いいのかソレ!?「 うっ 」 ってあんたっ(←本当に)ひ~(奮)
そんな興奮に輪をかけてくれるのが 竜弥の台詞。
彼は本当に優しいし、主人公にベタ惚れです。
朝目覚めた時や 会話するコマンドを選択すると色々言ってくれるのですが
その一言一言がいちいち甘いっ。
例えば 朝起きると
「 おはよう お目覚めかい? 」 ( ボイス付き ) と優しく囁き、
その後 会話してみると
「 朝目覚めると隣にあんたの寝顔がある。これ以上の幸せなんて他にあるかい?」
ってあんた さては寝顔ず~っと見てたなぁっ。甘い~っv
衝撃的なイベントがあって ちょっと落ち込み気分で帰宅した時も
「 遅かったな。心配してたんだぜ 」 なんて出迎えてくれて
彼の存在でなんか気分が楽になったというか救われたというか ・・・
もうそこからは 脳内BLモード全開!
きっと何も言わなくても主人公の痛み、悲しみ全部包み込んで
静かに泣かせてくれるんだ。で 一緒にお風呂入って ・・・
( 部屋の中に大浴槽があって2人一緒に入浴できます 色んな意味でスゲェ)
もう妄想大活性化です。

このゲーム ある一定のイベントをクリアすると一端EDを迎えるのですが
そこでセーブし再びロードすると なんと2年後の物語が始まるのですよ。
同棲を始めてからというもの妄想に時間をとられて中々本編が進まなくて
最近ようやくED後に入りました(笑)
主人公20歳です。もう酒も煙草もいける歳ですよ。
空白の2年間 主人公が何をして過ごしていたかは
ED前の選択によって異なっています。
でも、恋人を2年間待たせていたことには変わりなく ・・・
竜弥 ちゃんと待っててくれたんですよぅ。なんかもう愛しくて愛しくて。

ED後のお楽しみといえば ガチな兄ちゃんとの恋愛。
でも竜弥との妄想ライフが楽しすぎてガチ兄との恋愛的イベントには
まだ着手せず。
主人公が一人でディスコに出掛けないと始まらないのです。
ガチ兄とはすでにED前のストーリー中でパチンコ対決済でした。
面識はあるという状況で。どっちかというと敵キャラで嫌な奴で
対決時には こちらから暴言を浴びせかけた記憶がありますが
それは恋愛攻略には問題ないらしい。むしろ 生意気でイイ という感じらしい。
でも、ガチ兄とそういう仲になるには竜弥とお別れしなくちゃならないし。
( ゲームのルール上 一度別れた相手とはもう二度と恋愛できない )
竜弥との甘々生活を解消するなんて無理だぁ。
でもガチ兄は言うことやることが ちょっと大人(えろひ)らしい ・・・
う~ん 2パターン作ってやるか ・・・ 

微萌度:★★★★ ( この長語りで私のハマリ度の高さがお解りいただけるかと(笑)
普通のパチゲーの振りして 実は超妄想BLゲーム )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/367-38d92a2e


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。