妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大延長

 廻る めぐる ・・・

大延長 大延長
堂場 瞬一 (2007/07/20)
実業之日本社

この商品の詳細を見る


夏の甲子園決勝戦 延長15回0-0で決着つかず
再試合を翌日に控えた両校監督とナインたち
それぞれに葛藤を抱えながら “ 終わらない夏 ” に挑む


強豪高VS初出場公立高 決勝延長・翌日再試合
昨年と今年の夏の甲子園大会を足したような設定でした。
( 書かれたご本人も吃驚されたんじゃないかしら )
両校の監督、選手同士の繋がり方が濃いというか 重ねたね というか。
因縁ありまくりの男達の胸の内だけでも熱くドロリとややこしいのに
応援のOBたちの勝手な態度やそれに対する監督の立場、
将来への根回しなど ただ爽やかにはいかない面もたっぷり。
でも皆それぞれ懸命に野球に向き合って生きてきた人たちなんだなぁ。
懸命な想いの集まる場だから夏の甲子園はいいのだよね。
だから高校野球は喰いものにしちゃいけませんよ うん。
( ここ最近の風潮はどうも ・・・ ブツブツ× )

とか言ってて何ですが微萌。
男性率が異様に高い作品ですが微萌度は ・・・
監督同士の意識し合い とか 選手たちの通じ合い方 とか
繋がり的にいろいろとアレなんですが ・・・
主人公の少年 ( 高3・ピッチャー ) が17ページ目にして
「 ふっと頬に手を伸ばし 」 て友の顔に触るというマネをしてくれたお蔭で
出だしから期待心が大きくなりすぎたのかもしれません。

微萌度:★★ ( 互いに相手の心理、出方まで解っちゃってるというのは
なかなかイイ感じなのだけど )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/366-7b5f4361


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。