妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺しのドレス

 何も知らない男と自分を憎む女

殺しのドレス 殺しのドレス
マイケル・ケイン、アンジー・ディッキンソン 他 (2007/01/26)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る


昔TVで一度観ただけで
そのタイトルも出演者も監督も何も覚えていない映画について
情報をお願いし、( → お願い過去記事 ) ご紹介をいただいた作品。
( ありがとうございますっ☆ )
やっとレンタル出来ました♪ 
記憶に引っかかっている映画とは違う作品でしたが
面白かったです。
不安感や期待感のドキドキを煽る演出
( 美術館内での追ったり追われたりの繰り返しは凄い )
ちょこちょこと挿入される美女の裸体
犯人の特異性は出色 ( 剃刀怖い )
単純に 二面性 と言うにはあまりにヤヤコシイ状態。
彼の中で本当に折り合いをつけることが果して出来るのでしょうかね。
う~ん 面白い。

レンタルできたのが古いVHFバージョンだったので
画面が切れていたり 画像も痛み気味でちょっと残念。
公開時カットされていたシーンも含めたスペシャル版がDVDで出てるようなので
それでまた観てみたいな。 文庫版もあるみたい。

本作を観て 昔観た作品について思い出したことをチョコっと。
・メインキャラの女性率は低かったような ・・・
・犯人は結構な若造くんだったかな
・大詰めの犯人暴露シーンは屋敷の地下室かなにかでだった?
・犯人の青年は暴露シーンで泣いていた。
・糾弾する側の男(中年)と犯人の青年はとても親しくしている。
こんな感じです。
「 これはどうだ!」 な作品がありましたら また情報お願いします。

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/365-aeaaf445


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。