妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜の片隅で

 ゲイ・ミステリ

夜の片隅で 夜の片隅で
ジョン・モーガン ウィルスン (1997/12)
早川書房

この商品の詳細を見る


ゲイの人々の苦しみ・葛藤を主題において書かれたミステリ。
なので微萌とは少々ラインが違いますが。

アメリカ探偵作家クラブ最優秀処女長篇賞受賞作だそうです。
シリアスです。重めです。
主人公ジャスティスの 失意のどん底からの再生物語 なのですが
再生が果たされたのかどうかは ・・・
六年前に亡くなった恋人を想い続け、
2人で過ごした部屋から離れられずにいるジャスティス。
綺麗な青年に出会うと欲望を感じ、致すことはイタシマスのですが
幸せはやってこない。
事件を追い、真犯人を突き止めても ・・・

同じポケミスで出ている “ デイブ・ブランドステッターもの ” のほうが
同じゲイ・ミステリでも読みやすかったかな。
デイブのほうがまだ幸せ者だし(笑)
でも ジャスティスもこれから幸せ掴むかもしれない。
続編に期待。

微萌度: ( 微萌じゃないものねぇ。愛の肉弾戦シーンも
ハッキリ生に描かれているので そういうのが苦手な方はご注意を )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/357-0c2ca670


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。