妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天才レオナルド・ダ・ヴィンチと少年ジャコモ

 勝手に期待しちゃったよ ・・・

天才レオナルド・ダ・ヴィンチと少年ジャコモ 天才レオナルド・ダ・ヴィンチと少年ジャコモ
グイド ヴィスコンティ、ビンバ ランドマン 他 (2000/11)
西村書店

この商品の詳細を見る


画家としてのダ・ヴィンチの姿のみならず
科学者としての、技術者としての、天文にも通じている多才ぶりを
愛弟子ジャコモ少年との交流を通じて描いた絵本


ジャコモ少年というのは 例の “ 小悪魔・サライ ” のこと。
ダ・ヴィンチがずっと傍において放さなかった美童のサライです。
「 単に師匠と弟子以上の何かが通じていたんじゃないの? 」 な2人を
タイトルに掲げた絵本とあって 妙な期待をしちゃったり。
ちょっとワクワクしながら読んでみると ・・・ う~ん×
微萌としても絵本としても期待ハズレでありました×
サライ( ジャコモ ) がとっても平凡です。
手癖の悪さとか奔放さは書かれているのだけれどインパクトはないし、
“ モナ・リザ ” のモデルについても謎もヘッタくれもありゃしないし ・・・
絵も癖のあるタッチなので好き嫌いがあるかも ・・・
妄想が先走りすぎた残念な一冊

微萌度:- ( 本の内容関係なく
ダ・ヴィンチのサライへの庇護愛を想うとそれはそれで楽しい。
著者の名前からヴィスコンティとヘルムートを思い出し それもそれで楽しい )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/346-f1b5e575


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。