妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーラス

 清らかな信頼の眼差し

コーラス メモリアル・エディション コーラス メモリアル・エディション
ジェラール・ジュニョ (2005/12/22)
アミューズソフトエンタテインメント

この商品の詳細を見る


1946年 フランスの片田舎
素行不良や親を亡くした孤独な少年たちが集団生活を送っている学校に
中年音楽教師が赴任してきた
彼は 暗い瞳で荒れた言動を繰り返す少年たちに音楽で和する魅力を教えたいと
合唱団を結成する。
段々と興味を示し、美しいハーモニーを奏で始める少年たち
しかし ただ一人ピエール少年だけは頑なに参加しようとしないのだがある日 ・・・


今日7月9日PM8:55からBSジャパンで放送されるそうです。
以前 一度観たきりなんですが
ピエール少年の美少年ぶりにニヤリとした記憶があります。
美少年でその上 歌声の美しいことったら!
なかなか素直になれないピエールの言動もイイですよ。

柱の影から先生を見つめるピエール。「 歌わせて 」 光線を発する揺れる瞳。
先生に許された瞬間の嬉しげな表情。先生を見つめて歌うピエール。
もう最高。

先生自身が沢山の挫折を味わってきて 夢叶った人生 は歩めなかった人。
学校に赴任してからも上とは敵対してしまったり。でも暖かい味方もいてくれる。
すべてが上手くはいかないけど よかったと思える事もある。
フランス映画にありがちな解りにくい感じではなく 素直に伝わってくる作品。
ラストシーンも素敵。ジーンとくる + フフフ。

微萌度:★★ ( 正直 細かい部分はうろ覚えなので ・・・ )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

裏番組
同日のほぼ同時間枠 他局では
“ 真の自分に気づいたものの それを受け入れずカウンセリングを受けていたが
ある青年と出逢って 「 本当に愛するという事を始めて知った 」 と
泣きながら妻に告白するに至った夫 ” 
が登場する映画を放送していたよ。

きろく URL | 2007/07/11 15:00 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/342-2b0d744a


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。