妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハゲタカ (TV)

 いや、なんかね色っぽいのよ鷲津さん

ハゲタカ DVD-BOX ハゲタカ DVD-BOX
大森南朋 (2007/07/18)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る


2夜に亘って全6話再放送 観ました。
予め聞いてはいましたが ほんっと原作とは違いましたよ。
メインキャラ達の行動の動機が ( ジャーナリストの彼女含め )
もの凄く私情に塗れているのが どうなの?って感もありましたが
人ってそんなものか とも思ったり。

まぁどう変わっていても
鷲津さんは原作と同じく( より以上に )皆から気にされまくりで。
随所で見られる熱視線の交わし合い、
聞いてるこっちが照れてしまうような濃厚な台詞、
鷲津さんも芝野さんには熱い言葉を投げる投げる(笑)

しかし やっぱり出色はTVでしか堪能できない 治→鷲津。
捩れたり裏返ったりコンガラガッタリしている感情が熱い熱い。
きっと生涯 鷲津さんを追っかけてるぞ彼。

原作の色っぽく強い女性陣をバッサリ切ってあったので
お姉さんスキーには残念な部分もありましたが6話に纏めるには正解ですよね。
彼女たちの分を鷲津さんの色気で補われていたのでヨシだ(笑)

今ああいう話を観ると
実際に起こっている某日本老舗ソースの件を思い出してしまふ。
そういう意味でも興味深かった再放送。
賞も受賞したことだし また地上波で再放送もあるかな。

微萌度:★★★ ( 銀行名とか諸々 際どいネーミングで(^^;
三○といえば わんさくん って可愛かったですねぇ )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

夏バテ、大丈夫ですか??
毎日暑いですよね・・・早く涼しくなってほしい(切実)、ちま太です。こんにちは♪
そんな暑さの中、今週は「ハゲタカ」に始まり、「ハゲタカ」に終わった一週間でした(笑)
ドラマ「ハゲタカ」とっても面白かったです!!
本放送前の宣伝見たときから気にはなっていたのですが(ノンフィクション系好きなので)、時間があわなくて見られず・・・
日曜日の夜に第一話を見て、「これは面白い!!」と、6日間、夜10時にはテレビの前で正座する生活になりました(笑)
原作小説読んでないんですが、かなり違うものになってるみたいですね??
話の展開に、ホリ●モンや村●ファンドの影響をもの凄く感じるし、人物造形にしても、ドラマの方が単純化されているんでしょうが、個人的にはこのベタなキャラづけが好きかも・・・
鷲津さんの過去のトラウマを最初っから前面に押し出しているあたり、ツボな作りです♪
そして最後には、芝野さんと二人で組んじゃうあたり、たまらない展開ですねvv
柴田恭兵がむかし好きだったので、それ目当てもありましたが、見終わった後にはすっかり鷲津さんのファンになってしまいました☆
続編はやらないんでしょうかねえ??
久しぶりに釘付けになったドラマでしたvv

ちま太 URL | 2007/08/25 10:32 [ 編集 ]

真っ当に観てもニヤケて観ても楽しいドラマですよね☆
夏バテ満喫しました~(笑)
毎日暑いですねぇ。寝苦しいのが困りもの。
どうせ寝られないなら とゲームやったり映画を観たりして過ごしてしまいます。
で また体力がおちると。駄目ダメです(笑)

TV 「 ハゲタカ 」 連夜放送ありましたね♪
TV版鷲津さんの可哀想さがいいのですよねぇ。
原作のほうではまた違う過去を背負っていて どっちかというとモテモテやり手男。
芝野さんとも因縁も全然違ったもので
ラストの2人の関係も原作とTVでは正反対といっていい感じでした。
原作を材料にしてオリジナルな味付けを目一杯施したTV版。
私は 松乃屋の息子の治 がツボな存在でした。
逆恨みまっしぐらで鷲津さんに向かっていくパワー。
あのパワーがあれば新・松乃屋を起こすことも出来たろうに ・・・
続編! 今度は奔走中の芝野さんメインとかでいけそうですよね。
あったら観るのになぁ。

きろく URL | 2007/08/25 16:15 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/336-5e4d1fb8


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。