妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グッド・オーメンズ

 気心知れた悪魔と天使 おまえ と きみ

グッド・オーメンズ 上 (1) グッド・オーメンズ 上 (1)
ニール・ゲイマン、テリー・プラチェット 他 (2007/03)
角川書店

この商品の詳細を見る
グッド・オーメンズ 下 (3) グッド・オーメンズ 下 (3)
ニール・ゲイマン、テリー・プラチェット 他 (2007/03)
角川書店

この商品の詳細を見る

黙示録に記されたとおりに世界の終わりを迎えるべく
この世を滅ぼす悪魔の子が誕生したのはいいのだけれど ・・・


軽快です。ドタバタです。ハルマゲドンです。天使と悪魔です。

人間世界に紛れて 小さな善と悪を撒き続けている天使アジラフェールと悪魔クロウリー。
アジラフェールは見た目優男。初対面の印象は 「 この人ホモッぽい 」
古本屋経営。初版本大好き。
クロウリーは機械文明大好きのカッコつけ男。サングラスは必需品。
愛車はベントレー。彼が音楽を聞こうとすると全部クィーンの曲に変質。

彼らがイイですよ。
いちお天使と悪魔なんで 張り合いながら人の世に善行と悪行を撒いているんですが
なんせ長いお付き合い、六千年の昔から かなり気持ちよくお友達です。
日常的に一緒に食事にも行くし、ドライブもするし、
気遣いもするし、心配もする。
態度がサラッとしているだけに 芯から通じ合ってる感がにじみます。
彼らが登場するだけでニヤニヤ出来ちゃいますよ。

とにかく最初から最後まで ひっちゃかめっちゃかな展開です。
とっても平和に育てられた悪魔の子 その名もアダム とか
ドッグ なんて名づけられたお蔭で駄犬になっちゃった地獄の番犬とか
貧相な魔女狩り団とか 凄いんだか何だか判らない予言の書とか
もの凄く見損なわれてる(おかま野郎)天使 とか 観葉植物を脅す悪魔 とか ・・・
とっ散らかってるけど それらは全部繋がって終盤には大盛り上がり。

なんだか人道的な理由で世界の終わりを発動させちゃったアダム、
召喚された黙示録の騎士たち、阻止しようと集まる者たち
何が大事なのか、守りたいのは ・・・ 神や悪魔は ・・・ 。
深読みするか 単純にドタバタコメディとして楽しむか
どっちにしろクロウリーとアジラフェールにニンマリし通しv
当り本☆ ( 翻訳者のお2人グッジョブ!ありがとう )

微萌度:★★★★ ( 下巻は特にv  ★MAXでもいいかもしれない。
終盤のクロウリーとアジラフェールの告白し合いなんてクスクス 公園デートもねv )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

天使と悪魔ものと来たら
きろくさま、こんにちは♪
いつもレビュー楽しく拝読させていただいてますv
ややっ!天使と悪魔ものと来たら、これは食いつかないわけにはいきません!(笑)それもコミカル系ときたら・・・vv
近所の図書館で探したらさっそく貸し出し中だったので、予約してきました♪
子供の頃、翻訳ものの訳文の当たり外れの激しさが我慢できず、以来、大人になってもなんとなく疎遠になってて、国内作家ものばかり読んでましたが・・・
最近は訳文も上手になっているようだし、なんたって微萌要素アリですもんね(^o^)
久しぶりにチャレンジしてみます☆
早く届かないかな~楽しみですvv

ちま太 URL | 2007/06/24 11:55 [ 編集 ]

当りハズレ
ちま太さま こんにちわっ お越しありがとうございます~v
確かに翻訳ものって色々ありますね。
あまりの事に途中で本を閉じてしまうものなんかも ・・・×
( 超訳 なんてのもありましたね )
『グッド・・・』と同じニール・ゲイマン作の
『アナンシの血脈』を今回と同じく金原さんが翻訳されていて
それを読んだ時ちょっとイラッときたりしたので今回不安ではあったんですが
微萌膨らませる邪魔をしない という時点でもうOKだなと(笑)
我ながら「その基準はどうなのよ」という気もしますが(^^; 

きろく URL | 2007/06/25 17:49 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/335-0b247234


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。