妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 清らか故の強さと危うさに憎しみと愛を抱いて

剣
市川雷蔵 (2004/09/24)
角川エンタテインメント
この商品の詳細を見る


1964年大映制作 監督:三隅研次 出演:市川雷蔵 川津祐介

女性や一年生など映画オリジナルの人物が登場しますが ほぼ原作どおり。
学校や合宿以外の場面も描かれていたので
その分 人物の考え方や想いが判りやすかったです。

壬生くん 「 国分さんは太陽だ! 」 って手放しの心酔ぶり。ベタ惚れです。
原作よりも壬生と国分の親しさ度が高くて
憧れの人に対して壬生ちょっと馴れ馴れしい?とも思いましたが
その分だけ国分さんが可愛く清く見えたのでヨシ。

国分さんの微笑
風呂場での微笑 正座罰の後の微笑 確かに傲慢でした。
ありゃ賀川さんムカつくわな(笑)
でも 「 賀川から批判されたそうだな 」 と監督に言われた時の国分さんの微笑
あれは 美しかったぞ。 賀川が国分を批判したという事がそのまま
国分に 賀川との特別な繋がり を感じさせているような そんな微笑で ・・・
あの微笑こそ賀川さんに見せてやりたかったですよ。

で オリジナルなネタ。
女と賀川さん 「 国分を虜に出来る女がいるか 」 で賭け。
落としてみせる という女に 「 絶対無理 」 と言い切る賀川さん。
「 あいつが女に落とされるもんか 」 って ちょっと嬉しそうに貴方。
これまた原作にはない 電話で話す賀川と国分 が
日常での付き合いを感じさせてヨカッタです。
ほんの一瞬のことなんだけど 観てて照れくさかったのは私の妄想過多ゆえね(照)

ちょっと気に入らなかったのは 海へと誘う時の賀川さん。
国分さんを貶めるようなことを言っちゃったら駄目だろうと。
あれじゃぁ賀川さん卑劣だよ。
あんな風に皆を連れ出したら 国分さんに対しての眼光も力を失うよ。魅力半減×
残念。
そして合宿後の道場の場面もいらなかったかなぁ。
賀川さんが 皆の前で泣いたり敗北を認めたりしたら
その分だけ賀川さん自身が楽になっちゃうんじゃないかなと。
彼は この先ずっと一人きりで国分さんを背負ったまま
敗北したまま重い心を抱えて生きていくってほうが らしいと思うのだけど ・・・
オチをつけるなら 賀川さん一人の反応だけで充分だったんじゃないかな。

色々言いましたが
どっちかというと小説の映画化にはガッカリすることが多い私が
よかったと思えた映画でしたv

微萌度:★★★ ( 女性と同衾していても想うのは国分さんのことって
賀川さんったら ・・・ )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/334-76ec3421


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。