妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/11 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きみはポラリス

 好きと告げられるってだけでも幸せなことなんだね

きみはポラリス きみはポラリス
三浦 しをん (2007/05)
新潮社

この商品の詳細を見る

『 恋愛をテーマにした短篇 』 ばかりを集めた一冊。

色んな愛の形が描かれていますが
よくある男と女の物語 とはいかないのが やっぱり三浦しをんさん。
帯にもちゃんと書いてある。 「 ただならぬ恋愛短篇集 」 って(笑)
純な愛もあれば 暗い愛もあり 一途で清らか故に悲しく美しい姿もあり ・・・
最初と最後の作品が “ 始めることすら出来ないままの愛 ” の
“ 今 ” と “ 最初の時 ” の物語。
この 繋がりのある話で他の作品を挟み込んだ配置 が 
「 ただ短篇を読んだ 」 以上の充足感を与えてくれる気がします。
巻末に各短篇のテーマを お題 として掲載してあるのも面白い。

一読後の今は 『 永遠に・・・ 』 の2篇と 『 ペーパークラフト 』
『 冬の一等星 』 がお気に入り。
『 裏切らないこと 』 も残りました。皆さん普通に舐めたりしてるんですかっ?

微萌度:★★★ ( 書き下ろしはありません。既にアンソロ本に収録済の作品もあり。
そういう意味では悔しい思いをした方もおられるのでは ・・・ )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/329-badb2099


-
| 2008.04.21
管理人の承認後に表示されます
今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。