妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸福な王子

 “ 幸福の王子 ”像とツバメが紡ぐ愛の物語

幸福な王子―ワイルド童話全集 幸福な王子―ワイルド童話全集
ワイルド (1968/01)
新潮社

この商品の詳細を見る


O・ワイルド著 【 幸福の王子 】 ←青空文庫で公開しておられます。

ワイルドの有名どころ短篇童話。
かつて人として生きていた幸福の王子。
王宮に暮らし、外の世界など見たこともなく、何も知らず幸せに生きていた王子。
今、町を見下ろす場所に立ち、人々の苦しみや悲しみを見つめ続ける。
ツバメがびしょ濡れになるほどの涙を流す彼が痛ましいです。
そんな王子と出逢い、エジプトへと逸る自らの思いを枉げて
町に残り続けたツバメ。
別れの時、手にキスをする許しを請うツバメに
「 キスは唇にしておくれ 」 と願う王子。
キスの後、王子の足元でツバメが死ぬと同時に割れる王子の鉛の心臓。
ツバメの死を感じた瞬間、張裂けてしまった王子の心。
あぁ なんて悲しい童話だよぅ。
神の救いのオチが付いてますが、
神の庭園と黄金の都 って違う場所を言われちゃったおかげで
王子とツバメは一緒にいられないんじゃぁ なんて悲しい気分が抜けきらず ・・・
神の元で永遠に一緒にいられるんだって意味なんでしょうけど ね。

自己犠牲の心を教える教材として とり上げられたりする作品ですが
そういう風に人道教育的なお話に読んでしまうのは もったいないというか、
ちょっと違うんじゃないかな と思います。
子供の頃に読み聞かされて 「 説教臭くて好きになれなかった 」 と言う友人がおります。
そういう印象をお持ちの方は 一端その記憶を忘れ去って初読の気持ちで読んでみてください。
説教臭さとは無縁の読後感が得られると思います。


微萌度:★★★★ ( 児童向けに翻訳されたものでは
キスの件がカットされてるものがあるので要注意ですな。美しいシーンなのにねぇ )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments


児童翻訳でキスがカットされてるなんて、なおさら萌えてしまいました(笑)
御伽噺だけあって、躊躇のない愛情表現がとっても素敵でした。
自己犠牲というよりも、王子様とツバメさんの愛の深さがありましたよね。
私ももう一度読み返してみようと思いますー。

霜月うまれ URL | 2007/05/22 13:15 [ 編集 ]

たしかに 逆に萌えますね(笑)
「 キスしました 」 と書いてあっても
ほっぺにキスしてる挿絵になっている絵本もありました。
制作する側もいろいろ気を回して大変ですな。
その絵本の隣に 『 あらしのよるに 』 が置かれていたのが なんというか(笑)
美しい愛の姿なんだから ありのままでいいんですよねぇ。

きろく URL | 2007/05/23 19:53 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/319-a27c68cf


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。