妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運命の輪が廻るとき

運命(さだめ)の輪が廻るとき 運命(さだめ)の輪が廻るとき
朝香 祥 (2003/12)
角川書店

この商品の詳細を見る

霜月うまれ様よりオススメいただいた 『 疾風は江を駆ける 』
書店に在庫がなかったので図書館で探してみたところ
あるにはあったのですが色々ややこしいことになり ・・・ (Diaryに詳しく)
で、司書のお姉さんが 「 これではイカンですか? 」 と
差し出してくれたのが この 『 運命の ・・・ 』 でした。
コバルトの 「 かぜ江 」 シリーズの続編という形で
ビーンズ文庫で出版された一冊。

孫堅さまが漢です。父上かなりカッコイイv
まだ少年の孫策・周瑜はその若さが眩しいほどに活き活きとしております。
孫策くんが周瑜を頼りに思っている感じがいいです。
周瑜も孫策くんが唯一無二の人なのはお約束で。
「 さぁ これから 」 という気分のところで終わっているのですが
続編って書かれるのだろうか ・・・

微萌度:★★★ ( オススメありがとうございますv 叔父様もイイ漢だよぅ )

三国志繋がりでもう一冊 ↓

三国志異聞 我、独り清めり―郭嘉物語 三国志異聞 我、独り清めり―郭嘉物語
氏家 琴子 (2003/09)
新風舎

この商品の詳細を見る

こちらは同じ三国志でも 魏サイドを扱った一冊。
私のご贔屓の郭嘉さんが主人公なので かなりワクワクで読んだのですが
ご贔屓ゆえの拘りの所為なのか、ちょっと残念な感じでした。

郭嘉さんが我が子のように慈しむ少年が登場しまして、
その子が少女と見紛うような美童ということで ・・・
その少年に好色な輩が手を出してきたりしまして お蔭で苦悩する郭嘉さん。

郭嘉さんと曹操さまの主従の絆話がしっかり見たかったです。
滅多にない郭嘉さん本なだけに残念でした~

微萌度: ( 郭嘉さん萌は曹操さま本で補給するしかないようだ )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments


読まれましたか、この二人!
二人の信頼関係にムフフとなりますよね?
図書館での事情、残念でしたね。
続編は、出ない気配がします・・・(涙)
そもそもコバルトからビーンズに移ったというのが、最初はびっくりしましたもん。

霜月うまれ URL | 2007/05/22 13:10 [ 編集 ]

続編なさそうですか(涙)
孫策くんがとっても好みのタイプに描かれていて
ガフッと喰いついちゃいました。
これから どんどん漢になっていくのだろう所で ・・・ 続かなさそうですか(哀)
コバルトで続いていたシリーズをビーンズで引き継ぐ(焼きなおす?)っていうのは
確かに吃驚な展開ですよね。
一冊で終わっているのはその辺の事情があるのでしょうか。

将としても1人の若者としても魅力的な孫策くんと
ナイーブすぎない公瑾くんに出会えて 嬉しい一冊でした。
ありがとうございました v

きろく URL | 2007/05/23 19:07 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/318-d1b1c60e


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。