妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男たちは北へ

 アミーゴ

風間 一輝著 【 男たちは北へ 】

東京から青森まで自転車でのツーリング途上にある桐沢風太郎
途中 ある小冊子を拾ったことから自衛隊特別隊員に追われる事に ・・・
解読不明な小冊子の文面にはどんな秘密が隠されているのか
ヒッチハイクで青森を目指す少年との交流を交えながら
直向にペダルを漕ぐ男を追ったロード小説


桐沢風太郎はフリーのグラフィックデザイナー 妻子持ちの40代。
一見 極普通のムサイ中年男なんだけど その眼光は強く鋭い輝きを放つ。
そんな風太郎さんに ヒッチハイク少年や自衛官殿が惹き付けられていきます。

風太郎が青森を目指すのは親友・鶴河の想いを受けてのこと。
友の一言が風太郎を自転車での青森ツーリングへと駆り立ててます。

ヒッチハイク少年は高校入学した歳ということなので16歳くらいでしょうか。
少年らしい可愛らしさに燐とした男らしさが生まれていく過程が魅力的です。
この少年が最後に言う一言が風太郎を(私も)泣かせます。いい子です。

そして 風太郎を追う自衛隊サイドの人間
尾形國夫三等陸佐がイイです。
風太郎を調査し、追ううちにすっかり惹かれてしまいます。男惚れです。
小冊子に書かれた秘密を解いたり、
その冊子の為に命を狙われる風太郎を身を挺して助けたり、
この作品中 一番働いている人なんじゃないだろうか。
で 痛い目には合うし この先どうするの?ってなことにはなるしで
一番報われてないように見えるけど 本人としては満足感いっぱいなんだろうな。
薄れゆく意識の中で ひたすら風太郎の青森行に思いを馳せる尾形さんが堪らんです。

1989年に書かれた作品だけに 今現在の世との違いが浮き彫りです。
この頃といえば 国鉄がJRに変わったころ。
( 文書の秘密を解くにあたって この事情がひとつ鍵になってます )
携帯電話も普及してないし 青函連絡船がまだ通っていたり ・・・
世の中いろいろ変わったんだなぁ
でも あの文書の作戦は今でも実現可能なのかもしれない
今の世でどんな意味があるのかは解らないけど。

微萌度:★★★ ( ほとんど尾形さん萌。スペイン語が流暢な彼が素敵。
ナイフを教えてくれたというプエルト・リコ人との関係にも夢広がります(笑 )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/312-ef67fbb5


[書籍] 男たちは北へ
羽田圭介著 『走ル』があまりにつまらなかった反動で、自転車を題材にした小説を探しては読んでいる。この風間一輝著『男たちは北へ』は、その一つ。 『走ル』と同じで、主人公は東京から青森まで自転車で北上をする。『走ル』はただ走っただけであるが、『男たちは北へ』で
今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。