妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禿鷹の夜2 無防備都市

逢坂 剛著 【 禿鷹の夜2 無防備都市 】
オンライン書店ビーケーワン:無防備都市

【 「 おまえだったら、やられなかったというのか 」
  「 そうは言いませんが、少なくとも野田は無事だった 」
  「 おう、美しい関係だな 」 】



逢坂 剛さんです。ハードボイルドです。
逢坂さんファンの方から言わせると本作は いまいち なんだそうです。
確かに 中身の濃いドラマを期待してはいけないかと思いますが
ウハウハ度は高いです
“ どんな極道よりもタチの悪い警察官 ” の禿富鷹秋(三十代半ば)がメイン。
その禿富が庇護する渋六興業(ヤ○ザ屋さん)の
総務部長(表向き)の水間(三十代前半)と
同じく渋六の営業部長(表向き)の野田の間柄が妄想を刺激します。
ちょっとインテリ系ヤ○ザの水間さんと野田さんがいいのですよ!
なにせ チンピラの頃から苦楽を共にしてきた仲 ですぜ!
この二人それぞれと禿富との間の雰囲気もなかなかに面白い。
禿富さんは 野田さんよりも水間さんがお気に入りのフシがあり・・・
禿富さんったら水間さんに対しては ちょっと優しい気がするのです。
鬼畜なまでにエグイことをする禿富さんですが
自分が誰かに激エグ行為を働きに行く時、そのお供には大抵野田さんを指名。
普段は水間さんをお呼び出しすることのほうが多いくせに。
( ↑この辺 妄想フィルター若干濃い目コメントです )
この “ 無防備都市 ” は禿鷹シリーズの2作目になります。
何故1作目から感想書かないのか・・・・・
それはね まだ1作目を読んでないから×

微萌度:★★★ 
( 鬼畜な男なだけに「 水間さんの首筋に噛み付く習慣 」とかがあったら萌えるなぁ・・・
などと妄想してみたり。←って こんなのを匂わす場面なんてないんですけどね。
あくまでこれは激しく捏造の妄想です。)

C

omments

禿鷹第二弾!
読みました~、もうプリティ任侠夫婦に骨抜きです♪
チンピラ時代の野田と水間が見てみたいですぅぅぅ(涎)
水間のほうがちょろっと先に組に入っていて、「今度大学出のインテリが入ったんだぜ」と聞いて最初は対抗心を燃やしてたら楽しいなぁ。
でも野田に「いろいろ教えてくれ」「お前、喧嘩強いな」とかおっとり言われてあっさり陥落する水間・・・等々、誰かこの妄想を止めて~

>禿富さんは 野田さんよりも水間さんがお気に入りのフシがあり・・・
大いに賛成!きっと水間がピュアでいぢるのが楽しいんだろうなと思います。
ラブホで時間潰すのに見ていた映画につい夢中になる水間を見ていて、野田も禿鷹も「かわいいやつv」と思ったと確信しています(^-^)
・・・あれ?このシーン2巻だったかな?3巻?

(^_^)/みつ URL | 2015/11/01 19:51 [ 編集 ]

禿鷹!!
> プリティ任侠夫婦♪
ほんとにこんなに色々心地いいまでにツボをついてくる2人は宝ですね♡

> チンピラ時代の野田と水間が見てみたい ← ほんとに!!ほんとにッ!!
みつ様の妄想イメージ 最高です!!ツボりました 本気でそういうの読みたいッ♡
ってかもぅそれ公式でお願いします♪
野田が水間さんにハマっていく過程を、水間さんが野田を誰より頼りにしていく過程を
読んでみたい♡
「野田と水間の物語」 スピンオフで出たらいいのに♡

きろく URL | 2015/12/19 15:48 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/31-68a8a14e


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。