妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血と砂

 太守の次男の想いが熱い!

血と砂 上―愛と死のアラビア (1) 血と砂 上―愛と死のアラビア (1)
ローズマリ・サトクリフ (2007/03)
原書房

この商品の詳細を見る

スコットランド高地連隊はトルコ軍との戦いで敗北し多くが捕虜の身となった。
スコットランド連隊の名狙撃手・トマス・キースも捕らわれた一人だったが
彼とその友人の太鼓手にして看護兵のドナルドだけが
特別なテントに入れられ戦傷治療を受ける
彼ら二人だけは敵の司令官アーメドに気に入られ
その親衛隊の一員になるべく買いとられたのだった ・・・


スコットランドの青年キースがエジプトの地で新たな人生を生きる話。
サトクリフの作品ですから 深い濃厚な友情の世界を期待して読み出してみると
もう友情はアッサリ飛び越えちゃった感じに熱い想いが迸ってました。
基本的に主人公キースは無自覚に皆を魅了してしまう奴なんですが
中盤から登場するエジプト太守次男坊・トゥスンとの関係が急送に濃厚に。
トゥスンのキースへの想いがとっても熱い。
キースが友情と呼ぶ二人の関係を彼ははっきり 愛 と呼ぶ。
トゥスンのキースへの親愛っぷりを見て
キースに対し腸煮えくり返るほどの嫉妬心を発揮する男もいたりして
サハラの大地は情念に熱く燃えるのでした。

故郷への心情とか改宗問題などをちょっとアッサリ目に盛り込みながら
キースがアラブ世界へ溶け込んでいく姿をサトクリフらしい壮大さで描く第一巻。
続きが待ち遠しいです。

微萌度:★★★ ( ちょっと文字抜け等の多さが気になります× )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/299-1ec47719


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。