妄想力を使えば見つかる妖しい仲の男たち

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

きろく

  • Author:きろく
  • 微萌度数を★マークで
    示してみました。
    ★の多いほど『あからさま』
    少ないほど『努力を要す』です。

    本タイトル一覧
    2010・12月末現在)

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
フリーエリア

うかれぽんち同盟


CMアニメが面白いのです


無料カウンター

with Ajax Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呪の血脈

 鹿!

呪の血脈 呪の血脈
加門 七海 (2004/02)
富士見書房

この商品の詳細を見る

大学で民俗学を研究する青年・宮地紀之は
一人で研究に訪れた北アルプス山中で
神木に埋められていた薙鎌を抜き取ってしまう
その為 神木を祭る村では “ 封印の祭 ” を行うこととなり
その祭に宮地も参加しなければならないことになった
その祭には 表 と 裏 が存在し、表が失敗に終わった時に行われる裏の祭は
村人が口を閉ざすほどに禍々しいもので ・・・


己が一族の血に怯え、その役割に恐れをなして村を捨て
東京で市居に埋もれ暮していた高藤家。裏の祭を取り仕切る一族。
その長男の正哉は 逃れられぬ血の定めから目を逸らし
静かに生きていこうとしていたのに やっちゃったんですね紀之くんが。
神木から抜いちゃった。封じていた薙鎌を。
そして 二人は出会う次第となるんですが ・・・

読み進むうちに どんどん逞しく恐ろしい雰囲気を醸し出す高藤正哉
それに反して どんどん嗜虐心を煽る怯えっぷりが板についていく紀之くん
「 怯え震えながらも立ち向かう鹿 」 って フフッ
狩り、狩られる関係って フフフッ
贄人の正哉さんが 鹿の紀之くんを
やたら捉え、押さえつけ、抱きかかえるのが目を惹きました。
二人の心情がちょっぴり行き違ってるのも 狩る人と鹿とでは致し方なし。

微萌度:★★★ ( 文庫版の表紙はCLAMPさん。単行本とは印象がだいぶ違いますな )

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://weil.blog6.fc2.com/tb.php/285-7f4348d9


今月の1冊とは
毎月1作品
ちょっとニヤリな古典をお届けします。
作品タイトルをクリックすると 
『 青空文庫さま 』 等リンク先サイト様の
作品本文ページが別窓で開きます。

今月の1冊

『人蔘の精』
田中 貢太郎著
青空文庫さま

最近の記事
嬉しやvコメント
嬉しやvトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。